不登校新聞

578号 2022/5/15

「母と娘、対話の難しさ」対話イベント開催へ

2022年05月10日 14:29 by kito-shin
2022年05月10日 14:29 by kito-shin

 5月28日(土)、対話イベント「ひきこもり親子クロストーク」が東京都練馬区で開催される。主催者は、ひきこもり当事者らが運営する「チームぼそっと」。「ひきこもり親子クロストーク」とは、ひきこもり当事者とひきこもりの子どもを持つ親が気持ちを語り合う対話型イベント。不定期ながら16回、開催されてきた。第17回目を迎える「ひきこもり親子クロストーク」では、実の親子が登壇予定。登壇するのは、ひきこもり経験者・林恭子さんとその母親。

 林さんは10代で不登校、20代でひきこもったのち、「ひきこもりUX会議」を立ち上げ、代表理事を務めている。「ひきこもりUX会議」は、ひきこもり女性だけで集まる「女子会」を運営するほか、ひきこもり当事者らへのアンケート調査を基に自書を発行するなど、当事者視点の取り組みを続けている。

 イベント当日は、ひきこもっていた当時、親と子で何を考えていたのか、どんな点に難しさを感じていたのかなどが話される。イベント詳細は下記を参照のうえ、お問い合わせを。

対話イベント 「ひきこもり親子クロストーク」

◆5月28日(土)14時~17時:東京都練馬区光が丘区民センター
講 師:林恭子(写真左)、ぼそっと池井多(写真右)など
参加費:献金制
主 催:チームぼそっと(vosot.just.2013@gmail.com)

関連記事

10月6日開催オンラインイベント「不登校の子と進学の話をする技術」のお知らせ

587号 2022/10/1

「不登校をめぐる課題は」オンラインセミナー開催へ

587号 2022/10/1

不登校・ひきこもり 相談先・親の会一覧

587号 2022/10/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

587号 2022/10/1

「こいのうた」「浮舟」など、2000年代に数々のヒット曲を生み出したスリーピー…

586号 2022/9/15

気持ちをうまく言葉にできない、と悩んでいた7年間のひきこもり経験を持つ瀧本裕喜…

585号 2022/9/1

「夏休みの終わりが近づくにつれ、胸がキリキリと締めつけられて苦しくなっていった…