不登校新聞

578号 2022/5/15

不登校で数カ月外に出られず 転機はカメラとの出会い

2022年05月13日 11:45 by kito-shin

 本紙で写真撮影をお願いしている、写真家の矢部朱希子さん。じつは不登校経験者なんです。高校1年生のころにカメラと出会ったことが、写真家を志すきっかけになったという矢部さん。当時の出来事や、写真家になるまでの道のりなどを執筆していただきました(※写真はイメージです)。

* * *

 初めまして。写真を撮っている矢部朱希子と申します。ときどき、『不登校新聞』のインタビュー記事で撮影をさせていただいています。たぶん、自分が不登校だったとはっきり話すのは、これが初めてではないでしょうか。社会に出て、不登校は好意的にはとられないという実感を持ち、自分を守るためにも信頼できる人以外には話さないでおこうと思っていました。

 それから時がたって『不登校新聞』の石井さんに出会う機会があり、『不登校新聞』で写真を撮影させていただくことなりました。撮影の依頼を受けたとき、「結局ここに戻ってくるんだな」「それならばこれが自分の仕事なのかもしれない」と覚悟のような思いを持ちました。

 私が写真を撮るきっかけ。それは私自身の不登校ともつながっています。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

6年間関わり続けた私にとっての不登校・ひきこもり当事者会

578号 2022/5/15

不登校の僕が漫画家になるまで。おうちで実践した3つの方法

577号 2022/5/1

今の仕事の原点にも。私の人生の軸を変えた不登校

576号 2022/4/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

577号 2022/5/1

項目にチェックするだけで、学校と親が話し合いをする際に使える資料にもなる「...

576号 2022/4/15

子育ての話題では、お父さんがどうしても置いてきぼりになりがちです。夫婦です...

575号 2022/4/1

わが子が不登校になったとき、親としてどんなことがつらかったか。不登校の子ど...