不登校新聞

578号 2022/5/15

不登校で数カ月外に出られず 転機はカメラとの出会い

2022年05月13日 11:45 by kito-shin
2022年05月13日 11:45 by kito-shin

 本紙で写真撮影をお願いしている、写真家の矢部朱希子さん。じつは不登校経験者なんです。高校1年生のころにカメラと出会ったことが、写真家を志すきっかけになったという矢部さん。当時の出来事や、写真家になるまでの道のりなどを執筆していただきました(※写真はイメージです)。

* * *

 初めまして。写真を撮っている矢部朱希子と申します。ときどき、『不登校新聞』のインタビュー記事で撮影をさせていただいています。たぶん、自分が不登校だったとはっきり話すのは、これが初めてではないでしょうか。社会に出て、不登校は好意的にはとられないという実感を持ち、自分を守るためにも信頼できる人以外には話さないでおこうと思っていました。

 それから時がたって『不登校新聞』の石井さんに出会う機会があり、『不登校新聞』で写真を撮影させていただくことなりました。撮影の依頼を受けたとき、「結局ここに戻ってくるんだな」「それならばこれが自分の仕事なのかもしれない」と覚悟のような思いを持ちました。

 私が写真を撮るきっかけ。それは私自身の不登校ともつながっています。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

高3なのにレポートが手つかず 通信制を卒業するために私がしたこと

587号 2022/10/1

クラスメイト全員から不登校の子に届く「学校おいでよ」の手紙は苦痛です

586号 2022/9/15

「うつ病の一歩手前」と診断 夏休み明けに不登校した私を救った一言

585号 2022/9/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

587号 2022/10/1

「こいのうた」「浮舟」など、2000年代に数々のヒット曲を生み出したスリーピー…

586号 2022/9/15

気持ちをうまく言葉にできない、と悩んでいた7年間のひきこもり経験を持つ瀧本裕喜…

585号 2022/9/1

「夏休みの終わりが近づくにつれ、胸がキリキリと締めつけられて苦しくなっていった…