不登校新聞

578号 2022/5/15

自動車免許を取ると言いながら動かない息子を追い詰めてしまった私の一言

2022年05月16日 11:59 by kito-shin

 不登校を経験し、自宅ですごす息子。「自動車免許を取る」と宣言したものの、一向に行く気配が見えません。焦った母親の後藤誠子さんは、ついNGワードを言ってしまいました。それは息子さんにとって、もっともキツい一言だったのです。(連載「不登校は幸せへの道」第17回)※画像はイメージです

* * *

 「よかったこと探し」が私たち親子の生活に光を与えてくれたと前回書いたが、その光はまだまだ小さな光でしかなく、ときとして消えてしまうこともあった。

 東京から帰ってすぐ、次男が自動車免許を取ると宣言し、2人で張り切って入学の手続きへ行った。ところが次男が自動車学校へ行けたのはたったの1日だけ。その後はなんだかんだと理由をつけてまったく行かない日が続いた。

 自動車学校は半年で卒業するという規定があり、卒業できなければ払い込んでしまった入学金や教材費などがすべてムダになってしまう。1カ月、2カ月とすぎるうちに、私はまた不安になってきた。

 「そろそろ自動車学校行かないとね」。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

よいとこさがしに必死だった私、まちがいに気づいたことでひきこもる息子に戻った笑顔

577号 2022/5/1

ひきこもり相談で心療内科医に言われた意外すぎる一言

576号 2022/4/15

帰省した息子が動き出さない。焦る母が取った行動は「弟子入り」

575号 2022/4/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

577号 2022/5/1

項目にチェックするだけで、学校と親が話し合いをする際に使える資料にもなる「...

576号 2022/4/15

子育ての話題では、お父さんがどうしても置いてきぼりになりがちです。夫婦です...

575号 2022/4/1

わが子が不登校になったとき、親としてどんなことがつらかったか。不登校の子ど...