不登校新聞

290号(2010.5.15)

子どもの貧困 フリースクールでは③

2013年11月12日 14:59 by nakajima_


 裕福な家庭だからフリースクールに通わせられるんだ。数年前まで、そう揶揄されたり批判されたりすることが、たびたびありました。いまでも、そのような声はときどき聞きます。しかし実態はそんなことはありません。東京シューレでは、かつても今も、家庭の経済状況をくみながら会費を減額するなど、できるかぎりの支援をしてきています。会費は91年以降、消費税が上がったことに連動して上げた以外は、今日まで一度も上げずにがんばってきています。しかし00年代以降、保護者からの相談が増え、04年度にはきちんとした規程を設け、減額を希望される保護者の方には所得などを示す書類とともに申請をお願いし、委員会で審査、理事会で決定というプロセスで運用しています。みなでつくり合う団体ですから、公平性や透明性も求められます。支援を必要とする家庭が増え始めたのは、いわゆるリーマンショック後の不況からではなく、それ以前の景気回復といわれた時期ですから、格差社会の実態はフリースクールの現場に早くから現れていたということでしょう。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【公開】静かな革命 奥地圭子

269号(2009.7.1)

人生の道標、北極星 石川憲彦

269号(2009.7.1)

あるがままとは 森英俊

269号(2009.7.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...