不登校新聞

290号(2010.5.15)

不登校の歴史 第290回

2013年11月12日 14:49 by 匿名


 ここに、「ひきこもり当事者による雑誌刊行委員会編」による雑誌『イリス』創刊号がある。2003年SPRINGとあり、サブタイトルに「生きにくさを感じている私たちからあなたへ」とついている。

 表紙が春らしいやわらかい色調で、サクラの花一輪がデザインされ、花びらの一ひらはピンクで、もう一ひらは虹の花びらとなっている。

 『イリス』のアルファベット表記は『IRIS』。ギリシャ語で「虹」の意味だそうである。

 IRIS編集局による創刊号巻頭言では、「虹はいろいろな色があって、ひとつの色でもそのときどきで感じ方が変わってくる。人もいろいろで、一人ひとりの感情も定まったものではなく動いている」との思いを込めて雑誌の名に決めたという。

 2003年のころ、ごく少数のひきこもり体験を出版する個人の方はいたけれどめずらしく、いわんやひきこもりの仲間たちで雑誌を創るなどということは考えられないほどめずらしかった。えっ、そういうことができる人たちなら、ひきこもりじゃないんじゃないの、という声すら返ってきていた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

548号 2021/2/15

「不登校になった理由を語るまで20年の時間が必要でした」と語る鬼頭信さん(...

547号 2021/2/1

「学校へ行くことはきっぱりやめました。何もわだかまりはありません」と語る1...

546号 2021/1/15

田舎で不登校になるのは本当にめんどくさい。もちろんは都会だろうと田舎だろう...