不登校新聞

290号(2010.5.15)

子どもの貧困 フリースクールでは①

2013年11月12日 16:00 by 匿名
 フリースクールは、子どもが「教育を受ける権利」を得るばかりではなく、子どもが「安心して育ち、生きる権利」を保障する場として、子どもとともに活動をしてきました。しかし、近年その子どもの成長や将来の可能性をも断たれる状況が「貧困」というかたちで表面化していると感じています。

 「フリースクール For Life」では、これまで子どものニーズに合うよう、さまざまな月謝額や在籍のあり方を設定してきました。2002年の移転を機に、家賃が増えましたが、会費は値上げをせずに現在まで維持し、母子家庭の方の減免措置も継続しています。

 子どもたちはおたがいに認め合える居場所に出会い、人と交わる喜びや個性が生かせることの希望、そして将来を考えられる時を得て、多くの親もそこに意味を見出して、主体的に伸びやかに生きていこうとしています。しかし、この不況のなかで、家族(親)が子どもの生き方をどう支えるかが見えにくくなっていることを感じることがあります。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひきこもり8050問題は本当に問題ですか? 臨床心理学者の反論

530号 2020/5/15

「自分だけ取り残されている」不登校の子どもが春に感じる不安

526号 2020/3/15

「教育」って何のためにあるの?気鋭の哲学者が語る教育の本質

526号 2020/3/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

548号 2021/2/15

「不登校になった理由を語るまで20年の時間が必要でした」と語る鬼頭信さん(...

547号 2021/2/1

「学校へ行くことはきっぱりやめました。何もわだかまりはありません」と語る1...

546号 2021/1/15

田舎で不登校になるのは本当にめんどくさい。もちろんは都会だろうと田舎だろう...