不登校新聞

579号 2022/6/1

ボランティアを半年続けられた息子に起きたまさかの出来事

2022年05月25日 16:06 by kito-shin
2022年05月25日 16:06 by kito-shin

 「よかれ」と思ってやらせようとしたことで、かえって本人を追い詰めてしまう。そんな経験ありませんか?岩手県在住の後藤誠子さんも、不登校・ひきこもりの息子さんに対し、そんな失敗をくりかえしてきました。今回はその1つを書いていただきました。(連載「不登校は幸せへの道」第18回)

* * *

 「よかれ」と思ってやらせようとして、かえってひきこもりの次男を追い詰めてしまったことがたくさんある。その1つがボランティアだ。親の会で、高齢者のお宅に弁当を配達するボランティアを次男といっしょにやってみたらどうかと勧められた。それまでにも次男をボランティアに誘っては断られていたので、あまり期待せずに「やってみないか」と声をかけた。すると思いがけず次男が「やってみる」と言うではないか。たまたま気が向いたのか、理由はわからないが、とんとん拍子に話は進み、弁当配達へ行く朝がやってきた。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひきこもる息子のことを考えない日が来るとは 母と息子に訪れた変化

587号 2022/10/1

「私は私の人生を楽しんで生きていいんだ」不登校の母がやっと見つけた答え

586号 2022/9/15

「ひきこもりの親を楽しんでしまえ」母親の価値観を大きく変えた出会い

585号 2022/9/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

587号 2022/10/1

「こいのうた」「浮舟」など、2000年代に数々のヒット曲を生み出したスリーピー…

586号 2022/9/15

気持ちをうまく言葉にできない、と悩んでいた7年間のひきこもり経験を持つ瀧本裕喜…

585号 2022/9/1

「夏休みの終わりが近づくにつれ、胸がキリキリと締めつけられて苦しくなっていった…