不登校新聞

290号(2010.5.15)

Q&A①「休みを認めたら、ずっと休んでしまわないか心配」

2013年11月12日 16:03 by 匿名


Qもし休むことを認めたら、ずっと休んでしまわないか心配です…。

 お子さんが、疲れていたり休みたいと訴えておられるのなら、心身ともに疲れているかもしれませんね。子どもも大人も休むことは大事なことです。

 日本も批准している「子どもの権利条約」には、きちんと休む権利が書かれています(第31 条)。休むことは本来、人間として当たり前に許されていることなのです。学校に行くことをいやがったり、休んだりすることがひんぱんになると気がかりだと 思いますが、家でじゅうぶん休んで疲れを取ることが先決です。休む期間は、どれくらい疲れているのか、また、どれくらい傷ついているのかなどによって一人 ひとりちがってくるでしょう。短い子もあれば、長い子もいるでしょう。ですから、場合によってはずっと休むことになるかもしれません。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校校経験者が答えた親がすべきこと、してはダメなこと

523号 2020/2/1

子どもの摂食障害 背景にある苦悩への思いやりを

190号(2006.3.15)

担任が変わった際のポイント 不登校Q&A

192号(2006.4.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

548号 2021/2/15

「不登校になった理由を語るまで20年の時間が必要でした」と語る鬼頭信さん(...

547号 2021/2/1

「学校へ行くことはきっぱりやめました。何もわだかまりはありません」と語る1...

546号 2021/1/15

田舎で不登校になるのは本当にめんどくさい。もちろんは都会だろうと田舎だろう...