不登校新聞

290号(2010.5.15)

声「満喫コドコド時間」

2013年11月12日 15:11 by 匿名
2013年11月12日 15:11 by 匿名
 こんにちは。5月4日にオープンしたばっかり、南伊豆のゲストハウス「コドコド」からレポートします。

 コド(kodok)はインドネシア語で「かえる」。海沿いを通って、伊豆半島の南端、バリ風デザインの建物がコドコド。まったりのんびりと、お客さん、スタッフ、コドコドにいる人がみんなですごしたい場所をつくる、4部屋だけの小さな宿です。いま、私はこのコドコドで、オープニングスタッフとしてお世話になっています。ベランダでひなたぼっこしたり星をみたり、あしたば摘みのおさんぽにいったり、ここですごす人とご飯を食べたり、おしゃべりをする、そういう"コドコドじかん”が好きです。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【全文公開】小中高すべてで不登校した私が高認に合格するまでの10年間

590号 2022/11/15

「他人にどう思われるかは考えなくていい」不登校の僕に刺さったアドラーの教え

590号 2022/11/15

人の目が怖くて不登校した僕が、路上マジックで成功した理由

589号 2022/11/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

590号 2022/11/15

小学5年生のときに不登校した山下優子さん(仮名)は、その後、「ふつうになりたい…

589号 2022/11/1

小・中学校で不登校、高校では中退を経験しながらも、25歳の若さで市議会議員に当…

588号 2022/10/15

不登校という同じ状況においても、娘と母で見えることはちがってきます。親子ゆえの…