不登校新聞

290号(2010.5.15)

声「満喫コドコド時間」

2013年11月12日 15:11 by 匿名
 こんにちは。5月4日にオープンしたばっかり、南伊豆のゲストハウス「コドコド」からレポートします。

 コド(kodok)はインドネシア語で「かえる」。海沿いを通って、伊豆半島の南端、バリ風デザインの建物がコドコド。まったりのんびりと、お客さん、スタッフ、コドコドにいる人がみんなですごしたい場所をつくる、4部屋だけの小さな宿です。いま、私はこのコドコドで、オープニングスタッフとしてお世話になっています。ベランダでひなたぼっこしたり星をみたり、あしたば摘みのおさんぽにいったり、ここですごす人とご飯を食べたり、おしゃべりをする、そういう"コドコドじかん”が好きです。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校になるまで追い詰められた3つの理由

548号 2021/2/15

「もう行きません」15歳の少女が学校と決別した理由

547号 2021/2/1

「不登校だったように見えない」と言われるのが私はイヤだった

547号 2021/2/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

548号 2021/2/15

「不登校になった理由を語るまで20年の時間が必要でした」と語る鬼頭信さん(...

547号 2021/2/1

「学校へ行くことはきっぱりやめました。何もわだかまりはありません」と語る1...

546号 2021/1/15

田舎で不登校になるのは本当にめんどくさい。もちろんは都会だろうと田舎だろう...