不登校新聞

580号 2022/6/15

「学校は毎日通わなければ」と思っていた私が自分のペースで学校と付き合えるようになるまで

2022年06月13日 17:15 by kito-shin
2022年06月13日 17:15 by kito-shin

 中学2年生から不登校を経験した私は、昨年春、専門学校に入学し、1年間通い続けることができました。毎日学校に通えるようになるなんて、不登校だった当時からは考えられない変化です。この変化には、これまで「学校へ行かなければいけない」というプレッシャーを感じていたこと、そしてそのプレッシャーから解放されたことが大きく関係していることに、最近気づきました。私が当時をふり返って気づいたことを執筆します。(石垣愛香)

* * *

 私は中学2年生のとき友人関係につまずき、不登校になりました。家にいるあいだは母とけんかをすることが多く、学校にも家にも安心できる居場所がなかったことから、ひきこもる時期もありました。とはいえ、私としても「このままではいけない」という焦りはあったので、周囲からすすめられた全日制高校へ入学。進学を機に一からやり直す気持ちで臨みました。

 ところが、入学後1週間で再び学校へ通えなくなってしまったのです。 何度も学校へ行こうと試みるものの、次の1歩が踏み出せず、登校を断念する毎日をくり返していました。今ふり返ると「学校には毎日通わなければならない」という思いが、自分へのプレッシャーとなり、登校への壁をつくってしまったのだと思います。なぜ「毎日通わなければ」とプレッシャーを感じていたのか、理由は2つありました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「あいつと関わるな」 僕の一言で友だちの態度が一変 中2で不登校した帰国子女の体験談

595号 2023/2/1

「この人に会えたら変われる気がした」7年ひきこもりした男性が憧れの人に出会うまで

595号 2023/2/1

優等生の僕に起きた異変 突然の体の不調は「もう限界」のサイン

594号 2023/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

595号 2023/2/1

「寄り添う」とは、いっしょに考えること。「スカートをはいた大学教授」としてSN…

594号 2023/1/15

進学について、不登校のわが子と話すのが難しいと感じている親御さんもいらっしゃる…

593号 2023/1/1

在籍者の8割が不登校経験者という立花高等学校で校長を務める齋藤眞人さん。不登校…