不登校新聞

580号 2022/6/15

「今頃わかったの?」息子の信頼を再び失ってしまった私の失敗

2022年06月13日 17:18 by kito-shin
2022年06月13日 17:18 by kito-shin

 「絶対、ムリヤリ朝起こしたりしない」。岩手県在住の後藤誠子さんは、ひきこもり中の息子さんについて、そう硬く決心していました。ムリヤリ起こしても関係が悪くなるだけだということを、これまでイヤというほど思い知っていたからです。ですが、後藤さんはまた、やってしまうのです。後悔から息子さんに謝る後藤さんに、息子さんがつぶやいた一言とは。(連載「不登校は幸せへの道」第19回)

* * *

 弁当配達のボランティアを次男と始めて半年、すべて順調に進んでいるかに見えていたある朝、私はまたやってしまうのだ。時間になっても起きて来ない次男を無理やり起こそうと必死になってしまった。次男の腕を力まかせに引っ張り、金切り声で叫んだ。「頼むから起きてよ。ひとりじゃ行けないよ」。

 突然、次男がむくっと起き上がって、ジャマだというように私の手を振り払った。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひきこもる息子のことを考えない日が来るとは 母と息子に訪れた変化

587号 2022/10/1

「私は私の人生を楽しんで生きていいんだ」不登校の母がやっと見つけた答え

586号 2022/9/15

「ひきこもりの親を楽しんでしまえ」母親の価値観を大きく変えた出会い

585号 2022/9/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

587号 2022/10/1

「こいのうた」「浮舟」など、2000年代に数々のヒット曲を生み出したスリーピー…

586号 2022/9/15

気持ちをうまく言葉にできない、と悩んでいた7年間のひきこもり経験を持つ瀧本裕喜…

585号 2022/9/1

「夏休みの終わりが近づくにつれ、胸がキリキリと締めつけられて苦しくなっていった…