不登校新聞

580号 2022/6/15

「ここが学校だったら」子どもの声を実現したあすなろ高等専修学校

2022年06月14日 14:38 by kito-shin

 鳥取県の「あすなろ高等専修学校」理事長と校長にお話をうかがった。同校では「クラーク記念国際高等学校」と提携し、高卒と高等専修学校卒、2つの卒業資格が得られる。「高校へ行きたくても行けない子を救わねば」との思いから始まった同校の取り組みとは。(連載「不登校その後の居場所」第3回/企画執筆・茂手木涼岳)※画像はあすなろ高等専修学校

* * *

◎団体の概要・理念
 私たちの学校は、もともとは中卒浪人のための予備校でした。おもに中卒後、高校に在籍しながら、もっとよい高校へ行くために勉強している再受験生を指導していたのです。

 しかし、私たちが関わった子のなかには、中学で不登校だったために高校受験をしていない子も多くいました。そうした子のなかには、指導すると学力が目覚ましく伸びる子もいます。しかし、不登校だったために内申点がもらえず、高校へ行けないのです。「子どもたちの学ぶ場を確保して、行き場のない子どもを救わなきゃいけない」。それが、私たちのテーマでした。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

なぜ6割の子が楽しいと語るのか「きのくに子どもの村学園」の教育実践

580号 2022/6/15

富山県で不登校支援20年の実績を持つフリースクール「はぁとぴあ21」

579号 2022/6/1

団体の理念、会費、卒業後の進路は 不登校その後の居場所を紹介「フリースクール地球子屋(熊本県)」

578号 2022/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

579号 2022/6/1

今回インタビューしたのは、金子あかねさん・金子純一さんご夫妻。小3で息子さ...

578号 2022/5/15

2021年、初の民間フリースクールとなる「フリースクールMINE」が鹿児島...

577号 2022/5/1

項目にチェックするだけで、学校と親が話し合いをする際に使える資料にもなる「...