不登校新聞

580号 2022/6/15

「ここが学校だったら」子どもの声を実現したあすなろ高等専修学校

2022年06月14日 14:38 by kito-shin
2022年06月14日 14:38 by kito-shin

 鳥取県の「あすなろ高等専修学校」理事長と校長にお話をうかがった。同校では「クラーク記念国際高等学校」と提携し、高卒と高等専修学校卒、2つの卒業資格が得られる。「高校へ行きたくても行けない子を救わねば」との思いから始まった同校の取り組みとは。(連載「不登校その後の居場所」第3回/企画執筆・茂手木涼岳)※画像はあすなろ高等専修学校

* * *

◎団体の概要・理念
 私たちの学校は、もともとは中卒浪人のための予備校でした。おもに中卒後、高校に在籍しながら、もっとよい高校へ行くために勉強している再受験生を指導していたのです。

 しかし、私たちが関わった子のなかには、中学で不登校だったために高校受験をしていない子も多くいました。そうした子のなかには、指導すると学力が目覚ましく伸びる子もいます。しかし、不登校だったために内申点がもらえず、高校へ行けないのです。「子どもたちの学ぶ場を確保して、行き場のない子どもを救わなきゃいけない」。それが、私たちのテーマでした。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校から旅立ちまでをサポート フリースクールみなもの実践

587号 2022/10/1

「もういい」と本人が言うまでつき合う 訪問支援を20年続ける「漂流教室」

585号 2022/9/1

「考える力」が重要 独自カリキュラムで学びを支援する「考学舎」の実践

584号 2022/8/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

587号 2022/10/1

「こいのうた」「浮舟」など、2000年代に数々のヒット曲を生み出したスリーピー…

586号 2022/9/15

気持ちをうまく言葉にできない、と悩んでいた7年間のひきこもり経験を持つ瀧本裕喜…

585号 2022/9/1

「夏休みの終わりが近づくにつれ、胸がキリキリと締めつけられて苦しくなっていった…