不登校新聞

580号 2022/6/15

不登校取材歴20年のノウハウを集約 親にできることを徹底解説した1冊

2022年06月13日 17:47 by kito-shin
2022年06月13日 17:47 by kito-shin

 「学校に行きたくない」と子どもが言ったとき、親ができることにはどのようなものがあるのか。『不登校新聞』の記者・編集長として20年、不登校経験者・親・著名人など、およそ400名に取材をしてきた石井志昂さんの著書をご紹介します。20年の取材経験をもとにしたノウハウがこれでもかと詰まった1冊であり、石井さんが取材してきた実例をもとにした提言の数々は、不登校の子どもを持つ親にとって必見です(※画像は書籍と石井志昂さん)。

* * *

 今回は、『不登校新聞』編集長の石井志昂さんが出した書籍をご紹介します。中学2年生の冬、石井さんは「もう学校へ行きたくない」と泣きながら母に伝えます。そこから石井さんの不登校と向き合う日々が始まります。

 19歳で『不登校新聞』の職員になって20年、石井さんは不登校経験者、親、著名人など、およそ400名の方々の取材を今日にいたるまで続けてきました。本書にはその20年の経験から紡がれたノウハウが詰まっています。

 本書ではタイトルにもある通り、子どもが「学校へ行きたくない」と言ったときに、どんなことが親にできるのかという視点に立ち、これまでの取材経験をもとにした石井さんの提言がまとめられています。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

やすむことがなぜ大切か 不登校経験者を救った2つの勇気

587号 2022/10/1

つらいなら、迷わず誰かに頼って NPO代表が10代に伝えたいこと

586号 2022/9/15

私の不登校・いじめ体験 16人が漫画で語るその後の生き方のヒント

585号 2022/9/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

587号 2022/10/1

「こいのうた」「浮舟」など、2000年代に数々のヒット曲を生み出したスリーピー…

586号 2022/9/15

気持ちをうまく言葉にできない、と悩んでいた7年間のひきこもり経験を持つ瀧本裕喜…

585号 2022/9/1

「夏休みの終わりが近づくにつれ、胸がキリキリと締めつけられて苦しくなっていった…