不登校新聞

580号 2022/6/15

偏差値37から大学へ 実体験から考える不登校からの勉強で大事なこと

2022年06月13日 18:03 by kito-shin
2022年06月13日 18:03 by kito-shin

 小学4年生から始まった過酷ないじめ。困窮を極めた家庭生活。そんなどん底の生活のなか、希望になったのはなんと「勉強の楽しさ」だった――。現在大学院で学ぶ徳永竜備さん(27歳)にインタビューしました。「勉強が生きがい」とまで言う徳永さんですが、不登校の子を持つ親御さんにどうしても伝えたいことがあると言います(※画像はイメージです)。

* * *

――徳永さんが不登校になったのは、いじめが原因とのことですね。

 そうです。小学4年生のときにいじめにあいました。当時僕が住んでいたのは、佐賀県の小さな町でした。電車の駅もないような田舎町です。子どもの数もすくなく、通っていた小学校では、男子はほとんど全員が野球クラブに入っていました。僕もみんなと仲よくなりたいという気持ちで野球クラブに入ったのですが、そこでいじめのターゲットになりました。ある日、たまたま体調をくずして数日練習を休んだんです。そしたら「あいつはずる休みした」という言いがかりをつけられ、そこからいじめがスタートしてしまいました。

――具体的にどんないじめがあったのですか。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

高3なのにレポートが手つかず 通信制を卒業するために私がしたこと

587号 2022/10/1

クラスメイト全員から不登校の子に届く「学校おいでよ」の手紙は苦痛です

586号 2022/9/15

「うつ病の一歩手前」と診断 夏休み明けに不登校した私を救った一言

585号 2022/9/1

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

587号 2022/10/1

「こいのうた」「浮舟」など、2000年代に数々のヒット曲を生み出したスリーピー…

586号 2022/9/15

気持ちをうまく言葉にできない、と悩んでいた7年間のひきこもり経験を持つ瀧本裕喜…

585号 2022/9/1

「夏休みの終わりが近づくにつれ、胸がキリキリと締めつけられて苦しくなっていった…