不登校新聞

581号 2022/7/1

「発達障がいと不登校」講演会開催へ

2022年06月27日 15:49 by kito-shin
2022年06月27日 15:49 by kito-shin

 7月18日(月)、岐阜県大垣市安井地区センターにて講演会「発達障がい 不登校と学校教育」が開催される(主催・みんなの未来をつくる会)。発達障害は、生まれつきの特性により、幼児のうちから行動や情緒面に特徴がある状態のこと。その特徴によって、保護者は育児の悩みを抱えたり、子ども自身が生きづらさを抱えたりする人が多い。また、不登校になる子のなかには、発達障害を抱えている子や、発達障害とは診断されなくとも「グレーゾーン」と言われる子たちも含まれている。

 みんなの未来をつくる会は、発達障害に関する知識を伝え、どういった関わりが当事者にとってよいのか考える場として本イベントを企画。講師に本田秀夫さん(精神科医)を招き講演や対話の場を設けた。

 本田秀夫さんは、20年以上、発達障害の臨床現場で子どもたちと向き合い、現在は「子どものこころの発達医学教室」教授。日本自閉症スペクトラム学会会長を務めている。イベント詳細は下記を参照にお問い合わせを。

日 時 7月18日(月)13時15分~16時半
会 場 大垣市安井地区センター(岐阜県)
講 師 本田秀夫さん (精神科医)
参加費 500円(要申込)
申 込 https://ws.formzu.net/fgen/S311887714/
定 員 60名
主 催 みんなの未来をつくる会
連絡先 090-5119-1275

関連記事

8月の不登校ひきこもりイベント情報

583号 2022/8/1

不登校の相談先「親の会」一覧

583号 2022/8/1

不登校経験者が集まる「子ども若者編集会議」のお知らせ

583号 2022/8/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

583号 2022/8/1

「不登校は心のケガ」と話す不登校専門カウンセラー・阿部伸一さん。心のケガを癒し…

582号 2022/7/15

小学校1年生から中学3年生まで不登校だった中村隼人さん(21歳)。高圧的な態度…

580号 2022/6/15

小学4年生から始まった過酷ないじめ。困窮を極めた家庭生活。そんなどん底の生活の…