不登校新聞

581号 2022/7/1

不登校の息子の気持ちが初めてわかった日

2022年06月27日 15:40 by kito-shin
2022年06月27日 15:40 by kito-shin

 不登校でひきこもりの息子。「なんでこんなことに」となげく日々が続いた母・後藤誠子さん。しかし、ふとしたきっかけから、ついに「息子の気持ち初めてわかる日」がやってくるのです。(連載「不登校は幸せへの道」第20回)※写真は後藤誠子さん

* * *

 次男との信頼関係を再び築こうともがいていたなか、私自身にも大きな出来事があった。私は新しい仕事を始めて2カ月。仕事をなかなか覚えられず、毎日疲れきっていた。その朝、職場の入り口で私の足はまったく動かなくなった。早く中へ入らなければならない。しかしムリに足を動かそうとするとはげしい動悸が起こり、涙が勝手にあふれてきた。いったい何が起こっているのか。

 職場の人たちに抱えられるようにして、地下の小さな部屋に寝かせられた。涙と動悸はすこしずつおさまってきた。突然、ものすごい恥ずかしさがおそってきた。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

バイトに10分遅刻して給料から天引きされたのに親子で感謝したわけ

583号 2022/8/1

知人からのアルバイト依頼 ひきこもる息子が出した意外な答え

582号 2022/7/15

「今頃わかったの?」息子の信頼を再び失ってしまった私の失敗

580号 2022/6/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

583号 2022/8/1

「不登校は心のケガ」と話す不登校専門カウンセラー・阿部伸一さん。心のケガを癒し…

582号 2022/7/15

小学校1年生から中学3年生まで不登校だった中村隼人さん(21歳)。高圧的な態度…

580号 2022/6/15

小学4年生から始まった過酷ないじめ。困窮を極めた家庭生活。そんなどん底の生活の…