不登校新聞

374号 (2013.11.15)

子ども若者編集部企画「『いま、何してるの?』問題対策例」

2013年11月12日 18:38 by kito-shin



 今年も残りあとわずか。年末年始は、不登校の子どもにとって、複雑な気持ちになる時期だ。お年玉を心待ちにしつつも、両親の実家に帰省しなければいけない場合も多い。「祖父母や親戚に何か言われるんじゃないか」「学校に行っている従姉妹と比較されやしないか」と、気が気でない。このテーマについて話し合った際、子ども若者編集部で話し合った際、議論がもっとも白熱したのが、「いま、何しているの?」という問いかけについてだ。年末年始や冠婚葬祭などで親戚一同と顔を合わせるときなど、会話の糸口に使われやすい一言だが、それがもっとも返答に困る、という結論に至った。そこで、子ども若者編集部メンバーの実体験を紹介するとともに、「いま、何してるの?」と聞かれた際の切り抜け方のヒントを探る。

■ 私の場合①「"曖昧さ”が基本」
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

4月から自立すると親に告げたが あてもなくギークハウスを取材

474号 2018/1/15

不登校して毎日バトルだった母が変わったきっかけは

472号 2017/12/15

中3で再登校へ、最初の一歩が緊張したけれど

472号 2017/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...