不登校新聞

582号 2022/7/15

生きづらさを解消するには 不登校経験者がバイト先で実践した3カ年計画

2022年07月13日 12:49 by kito-shin
2022年07月13日 12:49 by kito-shin

 古川寛太さん(21歳)は、不登校が終わったあとも続く「生きづらさ」を解消するために、自分なりの「居場所」づくりを始めた。3年間にわたる試行錯誤の末、見出した答えとは。当時の思いと経緯を書いていただいた。

* * *

 「高校3年間あなたは何をしていましたか」と問われると、「ひとり家で泣いていました」としか答えられない。同級生が汗水たらして青春を謳歌しているなか、僕は涙ぐみながら時計の秒針を見つめていた。

 不登校になった始まりはあれこれあるようで、21歳になった今でもよくわかっていない。ただ終わりははっきり覚えている。大学へ入学して一人暮らしにも慣れてきた、1年生の秋。いまだに僕と向き合おうとしてくれない親のLINEを見て、パチン! と何かが頭のなかで弾けた音がした。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

中学は生徒会長、高校は不登校 苦しさの根底にあった父親の呪縛

591号 2022/12/1

不登校で不安障害だったサッカー選手が不登校の子に伝えたいこと

591号 2022/12/1

【全文公開】小中高すべてで不登校した私が高認に合格するまでの10年間

590号 2022/11/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

591号 2022/12/1

勉強ができ、中学では生徒会長も務めた中村勇樹さん(仮名・22歳)。しかし高校入…

590号 2022/11/15

小学5年生のときに不登校した山下優子さん(仮名)は、その後、「ふつうになりたい…

589号 2022/11/1

小・中学校で不登校、高校では中退を経験しながらも、25歳の若さで市議会議員に当…