不登校新聞

582号 2022/7/15

忘れ物1つで先生の怒声が響く教室 小中9年間不登校だった僕の本音

2022年07月13日 12:58 by kito-shin
2022年07月13日 12:58 by kito-shin

 小学校1年生から中学3年生まで不登校だった中村隼人さん(21歳)。高圧的な態度の担任や学校とは合わなかったそうです。その一方で教育支援センターでは「信頼できる人との出会いで大人への思いが変わった」と語ります。現在は大学で学んでおり、卒業後はシステムエンジニアになるそうです。不登校当時の心境を中心にお話をうかがいました。

* * *

――隼人さんが不登校になったきっかけはなんだったのでしょうか?

 僕は小学1年生の3学期から学校へ行かなくなったのですが、きっかけとしては、学校という環境が自分に合わなかったことや担任の先生との相性が悪かったことがあると思います。保育園のころから行きしぶりはあったのですが、僕はもともと物事を自分の好きなように進めたいタイプの子どもだったんです。興味のあることを好きなタイミングで気がすむまでやりたいというか。だから「みんなと同じことを決められた時間にやらなければいけない」という学校の雰囲気やシステムがはじめから苦手でした。自分の行動やふるまいを指定されるのが、とても窮屈に感じていたんです。

 加えて、小学1年生のときの担任の先生が上から物を言うような高圧的な人で。当時の出来事で強く記憶に残っているのは、クラスメイトの女の子が怒られていたこと。学校への持ち物であるポケットティッシュ1個を忘れてしまっただけなのに、先生は彼女をクラス内で怒鳴りつけたんです。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「死のうとしたけど生きたかった」いじめにより不登校した女性が語る「生きることの意味」

626号 2024/5/15

「不登校から文科省職員に」異色の経歴を持つ藤井健人さんが目指すのは「不登校という格差」の是正

626号 2024/5/15

「親子関係は?元気になったきっかけは?」3人の経験者が語る私の不登校とその後

625号 2024/5/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

626号 2024/5/15

旅人「キノ」がさまざまな国を巡る『キノの旅 the Beautiful Wor…

625号 2024/5/1

「つらいときは1日ずつ生きればいい」。実業家としてマネジメントやコンサルタント…

624号 2024/4/15

タレント・インフルエンサーとしてメディアやSNSを通して、多くの若者たちの悩み…