不登校新聞

582号 2022/7/15

忘れ物1つで先生の怒声が響く教室 小中9年間不登校だった僕の本音

2022年07月13日 12:58 by kito-shin
2022年07月13日 12:58 by kito-shin

 小学校1年生から中学3年生まで不登校だった中村隼人さん(21歳)。高圧的な態度の担任や学校とは合わなかったそうです。その一方で教育支援センターでは「信頼できる人との出会いで大人への思いが変わった」と語ります。現在は大学で学んでおり、卒業後はシステムエンジニアになるそうです。不登校当時の心境を中心にお話をうかがいました。

* * *

――隼人さんが不登校になったきっかけはなんだったのでしょうか?

 僕は小学1年生の3学期から学校へ行かなくなったのですが、きっかけとしては、学校という環境が自分に合わなかったことや担任の先生との相性が悪かったことがあると思います。保育園のころから行きしぶりはあったのですが、僕はもともと物事を自分の好きなように進めたいタイプの子どもだったんです。興味のあることを好きなタイミングで気がすむまでやりたいというか。だから「みんなと同じことを決められた時間にやらなければいけない」という学校の雰囲気やシステムがはじめから苦手でした。自分の行動やふるまいを指定されるのが、とても窮屈に感じていたんです。

 加えて、小学1年生のときの担任の先生が上から物を言うような高圧的な人で。当時の出来事で強く記憶に残っているのは、クラスメイトの女の子が怒られていたこと。学校への持ち物であるポケットティッシュ1個を忘れてしまっただけなのに、先生は彼女をクラス内で怒鳴りつけたんです。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

政治家・寺田静さんに聞く「不登校しても政治家になれる?」

583号 2022/8/1

生きづらさを解消するには 不登校経験者がバイト先で実践した3カ年計画

582号 2022/7/15

「次は教室へ」先生の一言が別室登校中の子の安心感を奪う理由

581号 2022/7/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

583号 2022/8/1

「不登校は心のケガ」と話す不登校専門カウンセラー・阿部伸一さん。心のケガを癒し…

581号 2022/7/1

今回お話をうかがったのは、小4で不登校をした立花由紀さん(仮名・30代)。小学…

580号 2022/6/15

小学4年生から始まった過酷ないじめ。困窮を極めた家庭生活。そんなどん底の生活の…