不登校新聞

583号 2022/8/1

「学校へ行ってくれたらな」息子の不登校から1年、迷い続ける母の本音

2022年07月27日 18:00 by kito-shin
2022年07月27日 18:00 by kito-shin

 「本当にこれでよかったのかな」、「もっと登校を促すべきだった?」。明石和美さん(仮名)の息子さんは現在小学4年生。昨年6月から不登校になりました。息子さんを見守ってきた明石さん自身、不登校経験者でありながらも、この間ずっと迷ってばかりだと言います。息子さんと和美さんの1年あまりの軌跡を『不登校新聞』代表・石井志昂が聞きました。

* * *

――息子さんが不登校になって1年。この間をふり返っていかがですか?

 1年間、ずっと迷ってばかりですよ。もし不登校が始まったころに「行こう、行こう」と促していれば、学校へ行っていたのかな、と。でも、今は楽しそうにしているから、「これでよかったのかな」とも思います。そうしたことをずっとくり返し考えています。本人にとって、何がよかったのだろうか。その答えがまだ見えないんですよね。

――そうなのですね。息子さんが不登校になったころはどんなようすだったのですか?

 現在小学4年生の息子のようすがおかしくなったのは、去年のゴールデンウィーク前後でした。連休前、息子は胃腸炎になってしまって、「学校へ行きたくないな」と話していました。ふつう胃腸炎は1週間くらいで治るんですけれども、なかなか治らなくて、完治するのに3週間かかったんです。そのあいだは学校の先生と相談しながら、ある程度元気な日は午前中だけ行ってみるとか、うどんなどの消化によいものを持たせてみるとか、工夫をしながら行っていました。

 けれども、体調が完治してからも息子は「行きたくない」と言っていて。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の息子の対応で夫婦が同じ方向を向くようになったきっかけ

579号 2022/6/1

母・支援者として見てきた不登校の20年、親子で大丈夫と思えるために必要なこと

578号 2022/5/15

離島における不登校の現実、親のしんどさ 奄美大島に誕生した「フリースクールMINE」

578号 2022/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

582号 2022/7/15

小学校1年生から中学3年生まで不登校だった中村隼人さん(21歳)。高圧的な態度…

581号 2022/7/1

今回お話をうかがったのは、小4で不登校をした立花由紀さん(仮名・30代)。小学…

580号 2022/6/15

小学4年生から始まった過酷ないじめ。困窮を極めた家庭生活。そんなどん底の生活の…