不登校新聞

583号 2022/8/1

バイトに10分遅刻して給料から天引きされたのに親子で感謝したわけ

2022年07月27日 17:18 by kito-shin
2022年07月27日 17:18 by kito-shin

 ひきこもりの息子がバイトへ行った!うれしさがこみあげる母親・後藤誠子さん。そしてバイト先のスタッフさんは、後藤さん親子にとても大切なことを教えてくれるのでした。(連載「不登校は幸せへの道」第22回)※写真は後藤誠子さん

* * *

 バイト初日、次男は1人で起きてきて、まるでそれまでもずっとやってきたかのように玄関に立っていた。「車に気をつけて行きなよ」。細くて頼りない背中に向かって、それだけを言った。言いたいことはもっともっとあった。だが言葉にできたのはその一言だけ。そんなに喜んじゃいけない。わかっていても、これまでの3年半を思うとうれしさがこみ上げてきて止められなかった。

 1週、1週とすぎるうちに、なぜ次男がこのバイトを選んだのかわかってきた。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

知人からのアルバイト依頼 ひきこもる息子が出した意外な答え

582号 2022/7/15

不登校の息子の気持ちが初めてわかった日

581号 2022/7/1

「今頃わかったの?」息子の信頼を再び失ってしまった私の失敗

580号 2022/6/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

582号 2022/7/15

小学校1年生から中学3年生まで不登校だった中村隼人さん(21歳)。高圧的な態度…

581号 2022/7/1

今回お話をうかがったのは、小4で不登校をした立花由紀さん(仮名・30代)。小学…

580号 2022/6/15

小学4年生から始まった過酷ないじめ。困窮を極めた家庭生活。そんなどん底の生活の…