不登校新聞

583号 2022/8/1

生徒の7割が不登校経験者 親元を離れて再スタートする利点 北星余市高校

2022年07月27日 17:26 by kito-shin
2022年07月27日 17:26 by kito-shin

 北海道余市郡にある「北星学園余市高等学校」の生徒は、7割が不登校経験者、2割が非行経験者です。しかし、子どもたちと向き合っていると、非行も不登校・ひきこもりも根はひとつだということがわかってきたと言います。北星学園余市高等学校の今堀浩校長にお話をうかがいました。(連載「不登校その後の居場所」第5回/企画執筆・茂手木涼岳)※写真は北星学園余市高等学校

* * *

〇団体の概要・理念
 「北星学園余市高等学校(以下、北星余市)」は1965年に開校しました。もともとは高校進学に行き詰まった子どもの行き場所でしたが、今は全国から子どもたちが集まってきます。そのため多くの生徒は寮で暮らしています。

 授業は生徒の適正に合わせた「わかる授業」を心がけています。北海道の自然を活かした体験授業もあります。ヨット体験やスキー研修、ワイン用のブドウを育てる講座もあります。育てたブドウはワインになり、生徒が卒業し20歳になったころに、届けられるのです。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

子どもの9割が発達に特性 鈴蘭学園がしている「配慮」

581号 2022/7/1

「ここが学校だったら」子どもの声を実現したあすなろ高等専修学校

580号 2022/6/15

富山県で不登校支援20年の実績を持つフリースクール「はぁとぴあ21」

579号 2022/6/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

582号 2022/7/15

小学校1年生から中学3年生まで不登校だった中村隼人さん(21歳)。高圧的な態度…

581号 2022/7/1

今回お話をうかがったのは、小4で不登校をした立花由紀さん(仮名・30代)。小学…

580号 2022/6/15

小学4年生から始まった過酷ないじめ。困窮を極めた家庭生活。そんなどん底の生活の…