不登校新聞

583号 2022/8/1

不登校経験のある大学准教授が語る 不登校後を生きる3つのポイント

2022年07月27日 17:22 by kito-shin
2022年07月27日 17:22 by kito-shin

 不登校経験者の岩手大学准教授・樋口くみ子さんの新著『不登校後を生きる』を紹介します。不登校その後を生きた不登校経験者として、また社会学者として、不登校後を生きるうえで大事な3つのポイントとは何か。

* * *

 今回、紹介する書籍の著者は、岩手大学准教授の樋口くみ子さん。じつは、不登校経験者です。中学と高校で不登校し、高校も中退。中卒フリーターとして、17歳から21歳まで親元を離れ、各地を転々としながら働いていた、という経歴の持ち主。不登校中は1日17時間ゲームをしていたが、それが当時の自分を支える財産になったというエピソードも書かれています。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

フリースクールは何を基準に選べばよいか 6つのポイントを紹介する1冊

591号 2022/12/1

やすむことがなぜ大切か 不登校経験者を救った2つの勇気

587号 2022/10/1

つらいなら、迷わず誰かに頼って NPO代表が10代に伝えたいこと

586号 2022/9/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

591号 2022/12/1

勉強ができ、中学では生徒会長も務めた中村勇樹さん(仮名・22歳)。しかし高校入…

590号 2022/11/15

小学5年生のときに不登校した山下優子さん(仮名)は、その後、「ふつうになりたい…

589号 2022/11/1

小・中学校で不登校、高校では中退を経験しながらも、25歳の若さで市議会議員に当…