不登校新聞

584号 2022/8/15

「母親なのに息子の気持ちがわからない」と私が自覚した日

2022年08月09日 15:38 by kito-shin
2022年08月09日 15:38 by kito-shin

 「お前もひきこもってみろ!」ひきこもりの息子の本音を聞いた母親・後藤誠子さん。息子さんの独白は、後藤さんに大きな気づきをあたえます。そしてそれは後に後藤さんを大きく変えることになるのです。(連載「不登校は幸せへの道」第23回)

* * *

 次男は翌年からも夏が来るたびに桑茶工場のバイトへ行き、3年目には非常勤職員にならないかとありがたい言葉をかけてもらった。じっくりと考えたうえで「自分にはまだ荷が重い」という答えを出した次男を、うれしく感じる自分がいた。断わることすらできなかった次男が断れるようになった。これまでの私なら小さく感じていたであろう変化が、とても大きく見えた。私もすこしずつ変わってきていた。だが、本当に大きく私を変えたエピソードがある。

 ある日、いつものように昼近くに起きてきた次男が私に言った。「昨日、ものすごく腹が立って、人を殴るところだった」。おどろいて次男を見ると、怒りで全身が震えている。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひきこもる息子のことを考えない日が来るとは 母と息子に訪れた変化

587号 2022/10/1

「私は私の人生を楽しんで生きていいんだ」不登校の母がやっと見つけた答え

586号 2022/9/15

「ひきこもりの親を楽しんでしまえ」母親の価値観を大きく変えた出会い

585号 2022/9/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

587号 2022/10/1

「こいのうた」「浮舟」など、2000年代に数々のヒット曲を生み出したスリーピー…

586号 2022/9/15

気持ちをうまく言葉にできない、と悩んでいた7年間のひきこもり経験を持つ瀧本裕喜…

585号 2022/9/1

「夏休みの終わりが近づくにつれ、胸がキリキリと締めつけられて苦しくなっていった…