不登校新聞

584号 2022/8/15

「考える力」が重要 独自カリキュラムで学びを支援する「考学舎」の実践

2022年08月09日 15:29 by kito-shin
2022年08月09日 15:29 by kito-shin

 東京都渋谷区にある「考学舎」は学習塾でもあり、進学塾でもあり、フリースクールでもある、という。いったいどんな居場所なのか、塾長・坂本聰さんにうかがった。連載「不登校その後の居場所」第6回/企画執筆・茂手木涼岳)

* * *

◎団体の概要・理念
 考学舎は1999年にスタートした学習塾兼フリースクールです。現在は東京の青山と田園調布に教室を持っています。小学生から高校生まで、在籍者は約50名。そのうち不登校傾向の子どもは13名ほどです。

 考学舎設立のきっかけとなったのは「若者が『考える力』を学ぶ場をつくりたい」という思いでした。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校から旅立ちまでをサポート フリースクールみなもの実践

587号 2022/10/1

「もういい」と本人が言うまでつき合う 訪問支援を20年続ける「漂流教室」

585号 2022/9/1

生徒の7割が不登校経験者 親元を離れて再スタートする利点 北星余市高校

583号 2022/8/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

587号 2022/10/1

「こいのうた」「浮舟」など、2000年代に数々のヒット曲を生み出したスリーピー…

586号 2022/9/15

気持ちをうまく言葉にできない、と悩んでいた7年間のひきこもり経験を持つ瀧本裕喜…

585号 2022/9/1

「夏休みの終わりが近づくにつれ、胸がキリキリと締めつけられて苦しくなっていった…