不登校新聞

584号 2022/8/15

「学校をやめる」と選択した親子の6年間の道のり

2022年08月09日 15:27 by kito-shin
2022年08月09日 15:27 by kito-shin

 小学1年生の6月ごろから学校を休みがちになったある家族は、1つの決断をします。それは「学校をやめます」というもの。全国に300カ所以上あると言われている「プレーパーク」の子どもを行かせながらホームエデュケーション(家を中心とした子どもの学びの実践)を続けてきた天棚シノコさん。天棚さん家族が歩んだ6年間の軌跡を追った1冊をご紹介します。

* * *

 今回ご紹介するのは、小学1年生の秋に不登校になった娘と、その両親が歩んだ6年間を追った1冊です。著者で母親の天棚シノコさんが見てきた娘の成長が学年ごとにまとめられています。また、夫との話し合いで大事にしたことや学校や親戚との付き合いなどで苦労したエピソードなども軽妙に書かれていて読みやすいと感じます。

 小学1年生の6月ごろから学校を休みがちになり、今後どうするか、天棚さんは夫との地道な対話を数カ月くり返したと言います。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「つぎに生まれるなら虫がいい」学校に苦しむ子どもの本音に触れる一冊

595号 2023/2/1

子どものSOSをどうキャッチすればよいか【書籍紹介】

594号 2023/1/15

不登校その後の学びの場を網羅 学校以外の選択肢がわかる1冊

592号 2022/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

595号 2023/2/1

「寄り添う」とは、いっしょに考えること。「スカートをはいた大学教授」としてSN…

594号 2023/1/15

進学について、不登校のわが子と話すのが難しいと感じている親御さんもいらっしゃる…

593号 2023/1/1

在籍者の8割が不登校経験者という立花高等学校で校長を務める齋藤眞人さん。不登校…