不登校新聞

584号 2022/8/15

不登校の約1割が通う公的施設 教育支援センターとはどんな場所か

2022年08月09日 15:24 by kito-shin
2022年08月09日 15:24 by kito-shin

 不登校児童生徒が在籍する公的施設に教育支援センターがあります。最新の文部科学省の調査によると、不登校児童生徒のおよそ1割にあたる2万1436人が在籍しています。文部科学省がこれまで出してきた通知や実態調査の結果、また不登校問題に関する調査研究協力者会議の報告書などをもとに、教育支援センターの実状と今後について、本紙記者が解説します。

* * *

 今号では、教育支援センターへ通った不登校経験者2名の方にお話をうかがいました。教育支援センターとは不登校児童生徒の学校復帰を目的とし、児童生徒に対する指導や相談を行なう場として、文部省時代の1990年から全国的に設置がすすめられた公的機関です。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「信じて待つ」が難しい 経験者と専門家の語りから考える不登校の親の理想的な「待ち方」

595号 2023/2/1

わが子の卒業式に今悩んでいる親へ 親が大事にすべきことが1つあります

594号 2023/1/15

「死にたい」と子どもに言われたとき 親がしてはいけないこと

589号 2022/11/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

595号 2023/2/1

「寄り添う」とは、いっしょに考えること。「スカートをはいた大学教授」としてSN…

594号 2023/1/15

進学について、不登校のわが子と話すのが難しいと感じている親御さんもいらっしゃる…

593号 2023/1/1

在籍者の8割が不登校経験者という立花高等学校で校長を務める齋藤眞人さん。不登校…