不登校新聞

584号 2022/8/15

支えになった対応は 小6で不登校した私の教育支援センター体験記

2022年08月09日 15:22 by kito-shin
2022年08月09日 15:22 by kito-shin

 小学6年生で不登校した松田佳純さん。その後に通った教育支援センターについて「教育支援センターは私を守ってくれて、認めてくれた居場所」と語ります。教育支援センターへ通うことになったきっかけや当時の気持ちを聞きました。また、教育支援センターの職員のこんな対応が大きな支えになったということについてもうかがいました。

* * *

――不登校になったいきさつからお聞かせください。

 私が不登校したのは、小6の10月でした。ただ、これが決定的な理由ですと言えるものがなくて。学校からの帰り道、いつものように友だちと話しながら帰宅していたときに「ここはなんかちがう、私のいる場所じゃない」と、ふと思ったんです。その翌日からパタッと行かなくなりました。

 いろんな人から「どうして学校へ行けないの?」と聞かれましたが、なぜ行けないのか、自分でもよくわからないので、理由を問われるたび、つらかったです。両親からも「何か理由はあるでしょ?」とよく聞かれましたが、はっきりしない私の答えに「じゃあ今日は休むか」と、しぶしぶ納得する感じでした。両親には「学校を休むことは悪」という思いがあったのか、私のことを毎朝起こして学校へ行かせようとしていましたし、玄関でうずくまる私を引っ張っていこうとすることもありました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「あいつと関わるな」 僕の一言で友だちの態度が一変 中2で不登校した帰国子女の体験談

595号 2023/2/1

「この人に会えたら変われる気がした」7年ひきこもりした男性が憧れの人に出会うまで

595号 2023/2/1

優等生の僕に起きた異変 突然の体の不調は「もう限界」のサイン

594号 2023/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

595号 2023/2/1

「寄り添う」とは、いっしょに考えること。「スカートをはいた大学教授」としてSN…

594号 2023/1/15

進学について、不登校のわが子と話すのが難しいと感じている親御さんもいらっしゃる…

593号 2023/1/1

在籍者の8割が不登校経験者という立花高等学校で校長を務める齋藤眞人さん。不登校…