不登校新聞

585号 2022/9/1

「不登校新聞」編集長交代のお知らせ

2022年08月31日 10:27 by kito-shin
2022年08月31日 10:27 by kito-shin

 お世話になっております。この度、16年間続けていた編集長を茂手木涼岳さんにお願いすることになりました。茂手木さんは、すでに10年以上、『不登校新聞』で編集を担い、子ども若者編集部の担当者として、日々、当事者とともに記事作成を続けています。これからも「当事者視点」の新聞として、不登校の親と子どもにとってお守りになるような情報を届けてくれると思います。私のほうは、引退するわけでも、現場から離れるわけでもありません。不登校新聞社の代表として、今までなかなか手がつけられなかった新規事業や新聞社自体の外郭を揃えていく仕事をしてまいります。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

『不登校新聞』のおすすめ

587号 2022/10/1

編集後記

587号 2022/10/1

『不登校新聞』新編集長よりごあいさつ 私たちが届けたいものは

586号 2022/9/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

587号 2022/10/1

「こいのうた」「浮舟」など、2000年代に数々のヒット曲を生み出したスリーピー…

586号 2022/9/15

気持ちをうまく言葉にできない、と悩んでいた7年間のひきこもり経験を持つ瀧本裕喜…

584号 2022/8/15

進学校で勉強が追いつかなくなり、高校1年生で不登校になった三宅勇也さん。塾の先…