不登校新聞

585号 2022/9/1

小2の夏休み明けから不登校 家で学んだ「学校では教えてくれない休み方」

2022年08月25日 14:47 by kito-shin
2022年08月25日 14:47 by kito-shin

 もっちんは、現在小学4年生の9歳。小2の夏休み明けから不登校になり、その後も学校へ通っていませんが、のびのびと楽しく暮らしているそうです。それは、もっちんが編み出した「ごきげんになる方法」があったから。「ごきげんになる方法」とはなんなのか。母親である、エッセイ漫画家・今じんこさんともっちんにお話をうかがってきました。(聞き手・編集/木原ゆい、石井志昂)※画像はゴロゴロセラピーを試したもっちんのようす(絵/今じんこ)

* * *

 もっちんの行きしぶりが始まったのは、小学1年生のころ。母親の今じんこさんによれば、運動会での高圧的な指導や集団行動に苦しんだそうです。それでもなんとか学校へ通い続けましたが、ついに小2の夏休み明けに限界を迎え、完全に不登校になりました。

 不登校になった直後、じんこさんが強く感じていたのが「責任感」でした。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【全文公開】部屋にこもり親を遠ざける息子 固く閉ざされた心を溶かした父の対応

591号 2022/12/1

「強く育てないと」「楽になりたい」不登校の娘と母に起きたすれちがい

588号 2022/10/15

「このままでは親子で共倒れだ」小1で不登校した娘との闘いの日々

587号 2022/10/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

595号 2023/2/1

「寄り添う」とは、いっしょに考えること。「スカートをはいた大学教授」としてSN…

594号 2023/1/15

進学について、不登校のわが子と話すのが難しいと感じている親御さんもいらっしゃる…

593号 2023/1/1

在籍者の8割が不登校経験者という立花高等学校で校長を務める齋藤眞人さん。不登校…