不登校新聞

585号 2022/9/1

「もういい」と本人が言うまでつき合う 訪問支援を20年続ける「漂流教室」

2022年08月25日 14:45 by kito-shin
2022年08月25日 14:45 by kito-shin

 今回は北海道札幌市にある「訪問と居場所 漂流教室」理事・山田大樹さん、相馬契太さんのお2人にお話をうかがった(※写真は「訪問と居場所 漂流教室」のようす)。

* * *

〇団体の概要、理念 
 「訪問と居場所 漂流教室」はその名の通り、訪問事業とフリースペース事業を行なっています。2002年に設立した際の「設立の辞」には「子ども・家庭・学校の三者でしょっている苦労を私たちも背負う」とあります。これが私たちの理念と言ってよいと思います。

 もともと20年前の設立時には、訪問を通して子どもの学習支援をする事業を構想していました。学校へ行かなくなった際に勉強する場がないことが問題だと思っていましたから。しかし、いざ事業を始めると、人が集まらなかった。考えてみれば学習支援はほかの団体もやってます。ウチじゃなくてもよかったんです。

 では、子どもたちにとって必要で、かつ誰もやっていないことは何かを考えました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校から旅立ちまでをサポート フリースクールみなもの実践

587号 2022/10/1

「考える力」が重要 独自カリキュラムで学びを支援する「考学舎」の実践

584号 2022/8/15

生徒の7割が不登校経験者 親元を離れて再スタートする利点 北星余市高校

583号 2022/8/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

587号 2022/10/1

「こいのうた」「浮舟」など、2000年代に数々のヒット曲を生み出したスリーピー…

586号 2022/9/15

気持ちをうまく言葉にできない、と悩んでいた7年間のひきこもり経験を持つ瀧本裕喜…

584号 2022/8/15

進学校で勉強が追いつかなくなり、高校1年生で不登校になった三宅勇也さん。塾の先…