不登校新聞

586号 2022/9/15

「不登校でもよいけど、私の支え方はあってるの」子育ての正解に悩んだ母親の葛藤

2022年09月12日 11:12 by kito-shin
2022年09月12日 11:12 by kito-shin

 光岡優美さん(仮名)の息子・雄一郎さん(仮名)は、聴覚過敏などのストレスから、小学校1年生の9月から不登校になり、以降6年生まで情緒学級や区の支援施設ですごしました。しかしその後、中学校には皆勤で通い、現在は20歳となり専門学校で学んでいます。葛藤を抱えながらも息子さんをのびのびと育てた光岡優美さんのインタビューと、息子・雄一郎さん本人のインタビューとを合わせて掲載します。

* * *

――小学1年生~6年生までの息子さんの不登校をふり返って一番不安だったことはなんですか?

 あらためて考えてみると、息子についての不安というより、私自身についての不安のほうが大きかったです。私は息子が不登校なのはしかたがないと思っていて、家で楽しくのびのびすごせればいいだろう、と思っていました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「このままでは親子で共倒れだ」小1で不登校した娘との闘いの日々

587号 2022/10/1

子ども2人が不登校 宿題を無理強いさせたこと、後悔しています

587号 2022/10/1

小2の夏休み明けから不登校 家で学んだ「学校では教えてくれない休み方」

585号 2022/9/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

587号 2022/10/1

「こいのうた」「浮舟」など、2000年代に数々のヒット曲を生み出したスリーピー…

585号 2022/9/1

「夏休みの終わりが近づくにつれ、胸がキリキリと締めつけられて苦しくなっていった…

584号 2022/8/15

進学校で勉強が追いつかなくなり、高校1年生で不登校になった三宅勇也さん。塾の先…