不登校新聞

586号 2022/9/15

クラスメイト全員から不登校の子に届く「学校おいでよ」の手紙は苦痛です

2022年10月05日 18:33 by kito-shin
2022年10月05日 18:33 by kito-shin

 不登校になると、クラスメイトから「学校へおいでよ」という趣旨の手紙が届くことがあります。読者のなかにも、このような経験を持つ方がいるのではないでしょうか。神内真利恵さんも、その1人です。神内さんは、中学2年生のときに受け取った手紙を、10年以上経った今になって、あらためて読み直したそうです。手紙を読んだ際の心境、手紙をめぐる出来事のなかで思ったことなど、神内さんの率直な思いを執筆していただきました(※画像はイメージです)。

* * *

 中学2年生の終わりごろ、私は学年の教員とクラスメイト全員から「学校へ来いよ」という趣旨の手紙をもらったことがあった。今となっては誰から受け取ったのか、はたまた郵送で送られてきたのか、いっさい記憶にない。そもそも最近まではこの手紙の存在すらも忘れていた。学校からの手紙は、実家の自室に置いてあるクッキー缶の中に入っていた。中をのぞくと、便箋の束がぎっしりと入っていた。読んだ形跡はほとんどない。当時から10年以上経った今、あらためて手紙を一から読むことにした。内容の一部を紹介すると、以下のような文言が並んでいた。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「あいつと関わるな」 僕の一言で友だちの態度が一変 中2で不登校した帰国子女の体験談

595号 2023/2/1

「この人に会えたら変われる気がした」7年ひきこもりした男性が憧れの人に出会うまで

595号 2023/2/1

優等生の僕に起きた異変 突然の体の不調は「もう限界」のサイン

594号 2023/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

595号 2023/2/1

「寄り添う」とは、いっしょに考えること。「スカートをはいた大学教授」としてSN…

594号 2023/1/15

進学について、不登校のわが子と話すのが難しいと感じている親御さんもいらっしゃる…

593号 2023/1/1

在籍者の8割が不登校経験者という立花高等学校で校長を務める齋藤眞人さん。不登校…