不登校新聞

586号 2022/9/15

クラスメイト全員から不登校の子に届く「学校おいでよ」の手紙は苦痛です

2022年09月12日 11:10 by kito-shin
2022年09月12日 11:10 by kito-shin

 不登校になると、クラスメイトから「学校へおいでよ」という趣旨の手紙が届くことがあります。読者のなかにも、このような経験を持つ方がいるのではないでしょうか。神内真利恵さんも、その1人です。神内さんは、中学2年生のときに受け取った手紙を、10年以上経った今になって、あらためて読み直したそうです。手紙を読んだ際の心境、手紙をめぐる出来事のなかで思ったことなど、神内さんの率直な思いを執筆していただきました(※画像はイメージです)。

* * *

 中学2年生の終わりごろ、私は学年の教員とクラスメイト全員から「学校へ来いよ」という趣旨の手紙をもらったことがあった。今となっては誰から受け取ったのか、はたまた郵送で送られてきたのか、いっさい記憶にない。そもそも最近まではこの手紙の存在すらも忘れていた。学校からの手紙は、実家の自室に置いてあるクッキー缶の中に入っていた。中をのぞくと、便箋の束がぎっしりと入っていた。読んだ形跡はほとんどない。当時から10年以上経った今、あらためて手紙を一から読むことにした。内容の一部を紹介すると、以下のような文言が並んでいた。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

高3なのにレポートが手つかず 通信制を卒業するために私がしたこと

587号 2022/10/1

「うつ病の一歩手前」と診断 夏休み明けに不登校した私を救った一言

585号 2022/9/1

支えになった対応は 小6で不登校した私の教育支援センター体験記

584号 2022/8/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

587号 2022/10/1

「こいのうた」「浮舟」など、2000年代に数々のヒット曲を生み出したスリーピー…

585号 2022/9/1

「夏休みの終わりが近づくにつれ、胸がキリキリと締めつけられて苦しくなっていった…

584号 2022/8/15

進学校で勉強が追いつかなくなり、高校1年生で不登校になった三宅勇也さん。塾の先…