不登校新聞

586号 2022/9/15

『不登校新聞』新編集長よりごあいさつ 私たちが届けたいものは

2022年09月13日 17:41 by kito-shin
2022年09月13日 17:41 by kito-shin

 2022年9月、『不登校新聞』の編集長は石井志昂から茂手木涼岳に交代しました(石井は引き続き弊社代表として勤務)。今回は茂手木が編集長就任のごあいさつとともに、『不登校新聞』の使命や届けたい記事について、執筆しました(※写真は茂手木涼岳さん/撮影・矢部朱希子)。

* * *

 こんにちは。9月より『不登校新聞』の編集長に就任しました茂手木涼岳です。私は不登校新聞社に入社して13年ほどになります。最初は事務員として週2回のアルバイトをしていました。ところが2011年に本紙が休刊危機になってしまったことから、一念発起して働く日数を増やし、その後は編集者として記事を作成したり、子ども若者編集部担当などの仕事をしています。

 このたび、編集長という役職につかせていただくことになりました。読者のみなさんへのごあいさつに代えて、私たちが新聞をつくるうえで大切にしていることはなんなのか、というお話をしたいと思います。

 私はひとりの編集者として、いつも思っていることがあります。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

『不登校新聞』のおすすめ

587号 2022/10/1

編集後記

587号 2022/10/1

『不登校新聞』のおすすめ

586号 2022/9/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

587号 2022/10/1

「こいのうた」「浮舟」など、2000年代に数々のヒット曲を生み出したスリーピー…

585号 2022/9/1

「夏休みの終わりが近づくにつれ、胸がキリキリと締めつけられて苦しくなっていった…

584号 2022/8/15

進学校で勉強が追いつかなくなり、高校1年生で不登校になった三宅勇也さん。塾の先…