不登校新聞

586号 2022/9/15

「私は私の人生を楽しんで生きていいんだ」不登校の母がやっと見つけた答え

2022年09月12日 11:13 by kito-shin
2022年09月12日 11:13 by kito-shin

 「息子と私は別の人間」「私は私の人生を楽しんで生きていいんだ」。不登校の息子との関係に悩み続けて数年、母親・後藤誠子さんは、とうとう「幸せへの道」へと歩みだしました。(連載「不登校は幸せへの道」第25回)※写真は後藤誠子さん

* * *

 次男と私は別の人間。次男の人生は次男が生きる。私は私の人生を生きよう。そう思って最初にしたこと、それは次男に質問することだった。「これからオカンは、外に出て自分のやりたいことをやって楽しもうと思うんだけど、それでもいいかな?」。

 スマホをいじっていた次男が、私の質問にほぼかぶせ気味に言った。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひきこもる息子のことを考えない日が来るとは 母と息子に訪れた変化

587号 2022/10/1

「ひきこもりの親を楽しんでしまえ」母親の価値観を大きく変えた出会い

585号 2022/9/1

「母親なのに息子の気持ちがわからない」と私が自覚した日

584号 2022/8/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

587号 2022/10/1

「こいのうた」「浮舟」など、2000年代に数々のヒット曲を生み出したスリーピー…

585号 2022/9/1

「夏休みの終わりが近づくにつれ、胸がキリキリと締めつけられて苦しくなっていった…

584号 2022/8/15

進学校で勉強が追いつかなくなり、高校1年生で不登校になった三宅勇也さん。塾の先…