不登校新聞

586号 2022/9/15

「私は私の人生を楽しんで生きていいんだ」不登校の母がやっと見つけた答え

2022年09月12日 11:13 by kito-shin
2022年09月12日 11:13 by kito-shin

 「息子と私は別の人間」「私は私の人生を楽しんで生きていいんだ」。不登校の息子との関係に悩み続けて数年、母親・後藤誠子さんは、とうとう「幸せへの道」へと歩みだしました。(連載「不登校は幸せへの道」第25回)※写真は後藤誠子さん

* * *

 次男と私は別の人間。次男の人生は次男が生きる。私は私の人生を生きよう。そう思って最初にしたこと、それは次男に質問することだった。「これからオカンは、外に出て自分のやりたいことをやって楽しもうと思うんだけど、それでもいいかな?」。

 スマホをいじっていた次男が、私の質問にほぼかぶせ気味に言った。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

迷いはまだまだあるけれど、今を楽しんで生きていこう 不登校の母の決意

593号 2023/1/1

息子の不登校から12年「私はいま幸せです」と母が断言できる理由【全文公開】

592号 2022/12/15

不登校・ひきこもりを経て28歳になった息子 母を驚かせたある行動

591号 2022/12/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

595号 2023/2/1

「寄り添う」とは、いっしょに考えること。「スカートをはいた大学教授」としてSN…

594号 2023/1/15

進学について、不登校のわが子と話すのが難しいと感じている親御さんもいらっしゃる…

593号 2023/1/1

在籍者の8割が不登校経験者という立花高等学校で校長を務める齋藤眞人さん。不登校…