不登校新聞

586号 2022/9/15

つらいなら、迷わず誰かに頼って NPO代表が10代に伝えたいこと

2022年09月12日 11:13 by kito-shin
2022年09月12日 11:13 by kito-shin

 チャットにより無料相談窓口を運営するNPO法人「あなたの居場所」理事長の大空幸星さんの新刊を紹介します。いま、死にたいと思うほどつらい思いをしている子どもたちに向けて、かつて自身も2度、本気で死を考えたことがあるという大空さんが伝えたいメッセージとは。

* * *

 タイトルにもある「死んでもいいけど、死んじゃだめ」というメッセージは、かつての自分自身に伝えたかった、そして今、死を考えざるを得ないほど孤独でつらい思いをしている人に知ってほしい言葉。そう語るのは、本書の著者であり、チャットによる無料相談窓口を運営するNPO法人「あなたのいばしょ」の理事長・大空幸星さんです。大空さんは複雑な家庭環境に育ち、本気で「死にたい」と考えたことが2度あると言います。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

やすむことがなぜ大切か 不登校経験者を救った2つの勇気

587号 2022/10/1

私の不登校・いじめ体験 16人が漫画で語るその後の生き方のヒント

585号 2022/9/1

「学校をやめる」と選択した親子の6年間の道のり

584号 2022/8/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

587号 2022/10/1

「こいのうた」「浮舟」など、2000年代に数々のヒット曲を生み出したスリーピー…

585号 2022/9/1

「夏休みの終わりが近づくにつれ、胸がキリキリと締めつけられて苦しくなっていった…

584号 2022/8/15

進学校で勉強が追いつかなくなり、高校1年生で不登校になった三宅勇也さん。塾の先…