不登校新聞

587号 2022/10/1

子ども2人が不登校 宿題を無理強いさせたこと、後悔しています

2022年09月21日 16:45 by kito-shin
2022年09月21日 16:45 by kito-shin

 2人のわが子が不登校したことについて、「後悔することばかり」と話す渡邊美樹さん。悩み、学ぶなかで「親として揺らがない軸」を見つけたと話す渡邊さん。親としての葛藤のほか、今年始めた「国分寺の不登校を考える会」や今後の活動の展望についてもお話をうかがいました。

* * *

――お子さんの不登校のいきさつからお聞かせください。

 現在、小学6年生の娘が、小学3年生の4月から不登校になりました。じつは上の息子も中学2年生の9月から卒業するまで不登校でした。息子は今、通信制高校に通っているのですが、きょうだいそろって不登校になったことに悩んだ時期もありましたね。

 最初に不登校になったのは娘でした。小学2年生の3学期ごろからお腹が痛いと学校へ行きしぶるようになったのです。当時、娘にとって、学校での生活がいろいろとうまくいかなくなっていた時期でもありました。給食で口のなかがかゆくなったり、成長痛のせいで体育の授業を見学しなければいけなくなったり、と。

 しかし、私の頭のなかは「学校へ行くのがあたりまえ」という価値観でいっぱいでしたから、お腹が痛いなら病院で診てもらおう、口のなかがかゆくなるなら食物アレルゲン検査をして給食で対応してもらおうなど、なんとかして学校での生活がうまくいくように、と必死でした。今となっては後悔することばかりです。

――後悔とは具体的に?

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【全文公開】部屋にこもり親を遠ざける息子 固く閉ざされた心を溶かした父の対応

591号 2022/12/1

「強く育てないと」「楽になりたい」不登校の娘と母に起きたすれちがい

588号 2022/10/15

「このままでは親子で共倒れだ」小1で不登校した娘との闘いの日々

587号 2022/10/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

591号 2022/12/1

勉強ができ、中学では生徒会長も務めた中村勇樹さん(仮名・22歳)。しかし高校入…

590号 2022/11/15

小学5年生のときに不登校した山下優子さん(仮名)は、その後、「ふつうになりたい…

589号 2022/11/1

小・中学校で不登校、高校では中退を経験しながらも、25歳の若さで市議会議員に当…