不登校新聞

587号 2022/10/1

高3なのにレポートが手つかず 通信制を卒業するために私がしたこと

2022年09月26日 14:57 by kito-shin
2022年09月26日 14:57 by kito-shin

 入学式も出ないまま、通信制高校で不登校になってしまった木原ゆいさん。在籍は続けたものの、卒業するためにはレポートの山をこなさなくてはならない。どうしてもレポートが進まなかった木原さんだが、ある「独自ルール」をつくってから、状況が一変したという。

* * *

 小学校・中学校ともに不登校だった私は、進路選択を見送り、中学卒業後1年間、何もしないことを決めた。理由はいたってシンプルで、進路を考える気力がまったくなかったからだ。

 しかし、いざ「何もしない1年間」が始まると気持ちは急変。漠然とした将来への不安感と、何もしていない後ろめたさに追い詰められた。きわめつきは祖父からの「あんたダメでしょ」の一言。気持ちはブレにブレ、半年後には、母のすすめで通信制高校を受験していた。入試は面接のみですんだため、すんなり合格。所属できる場が見つかり、ほっとしたのを覚えている。

 しかし、安堵したのもつかの間、入学前の時点で私は再び不登校になった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「自分を責めるのは終わりに」元不登校が「9月1日」以降を生きる子どもに伝えたいこと

609号 2023/9/1

「1週間に30分が働ける限界」そんな私に就労支援はつらかった

607号 2023/8/1

小4で不登校、適応障害と診断 救いにも苦しみの源にもなったアニメ

606号 2023/7/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

610号 2023/9/15

「親として余裕を持ちたい」。そう思っていても、忙しい日々のなか気持ちの余裕を持…

609号 2023/9/1

「はみ出してしまう人間のおもしろさが好き」と語るのは、従業員全員が若年無業者と…

608号 2023/8/15

「希林さん、お祈りしていて」。バースセラピスト・志村季世恵さんは女優・樹木希林…