不登校新聞

587号 2022/10/1

やすむことがなぜ大切か 不登校経験者を救った2つの勇気

2022年09月26日 10:39 by kito-shin
2022年09月26日 10:39 by kito-shin

 不登校だった自分を救った2つの勇気について語るのは、小学1年生で不登校した塩生好紀さん。理学療法士として、現在は会社を経営する塩生さんが不登校の子どもやその親に伝えたい2つの勇気とは。

* * *

 現在、福岡県で個人・団体への健康支援や子どもの運動教室のほか、不登校支援などの事業を行なう会社を経営する塩生好紀さんは不登校経験者です。小1で不登校し、小学校はほぼ通わずに卒業。その後、中学・高校・専門学校へ進学して理学療法士の資格を取得後、27歳で株式会社を立ち上げ、現在に至ります。

 不登校のきっかけの1つとなったのは何か。それは、23歳のときに判明した学習障害でした。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

フリースクールは何を基準に選べばよいか 6つのポイントを紹介する1冊

591号 2022/12/1

つらいなら、迷わず誰かに頼って NPO代表が10代に伝えたいこと

586号 2022/9/15

私の不登校・いじめ体験 16人が漫画で語るその後の生き方のヒント

585号 2022/9/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

591号 2022/12/1

勉強ができ、中学では生徒会長も務めた中村勇樹さん(仮名・22歳)。しかし高校入…

590号 2022/11/15

小学5年生のときに不登校した山下優子さん(仮名)は、その後、「ふつうになりたい…

589号 2022/11/1

小・中学校で不登校、高校では中退を経験しながらも、25歳の若さで市議会議員に当…