不登校新聞

587号 2022/10/1

やすむことがなぜ大切か 不登校経験者を救った2つの勇気

2022年09月26日 10:39 by kito-shin
2022年09月26日 10:39 by kito-shin

 不登校だった自分を救った2つの勇気について語るのは、小学1年生で不登校した塩生好紀さん。理学療法士として、現在は会社を経営する塩生さんが不登校の子どもやその親に伝えたい2つの勇気とは。

* * *

 現在、福岡県で個人・団体への健康支援や子どもの運動教室のほか、不登校支援などの事業を行なう会社を経営する塩生好紀さんは不登校経験者です。小1で不登校し、小学校はほぼ通わずに卒業。その後、中学・高校・専門学校へ進学して理学療法士の資格を取得後、27歳で株式会社を立ち上げ、現在に至ります。

 不登校のきっかけの1つとなったのは何か。それは、23歳のときに判明した学習障害でした。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「不登校を頭でなく心で理解してほしい」専門家が架空の家庭の話を通して伝えたいこと

626号 2024/5/15

「ぼく…もう死にたい」小3の息子の不登校に向き合った元不登校のシングルマザーが語る戦いの物語

625号 2024/5/1

「薬の使い方は?」発達障害について教師・医師・学者が解説

621号 2024/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

626号 2024/5/15

旅人「キノ」がさまざまな国を巡る『キノの旅 the Beautiful Wor…

625号 2024/5/1

「つらいときは1日ずつ生きればいい」。実業家としてマネジメントやコンサルタント…

624号 2024/4/15

タレント・インフルエンサーとしてメディアやSNSを通して、多くの若者たちの悩み…