不登校新聞

587号 2022/10/1

「このままでは親子で共倒れだ」小1で不登校した娘との闘いの日々

2022年09月26日 15:31 by kito-shin
2022年09月26日 15:31 by kito-shin

 「こいのうた」「浮舟」など、2000年代に数々のヒット曲を生み出し、日本武道館や海外でのライブツアーを成功させたスリーピースロックバンド「GO!GO!7188」。バンドでベースを担当してた野間亜紀子さんは、自身のお子さんが小学1年生で不登校になったと言います。およそ3年に及ぶわが子との闘いの日々をふり返りつつ、昨年、不登校の子どもの居場所として立ち上げた「ともそだち」についてもお話をうかがいました。母として、またミュージシャンとして抱えた不安や葛藤とは(※写真は野間亜紀子さん)。

* * *

――お子さんの不登校のいきさつからお聞かせください。

 娘が小学校入学式の2日後に「もう学校へ行きたくない」と言い出したのが始まりでした。当初は、私や夫が学校まで付き添ったり、娘を抱えて教室まで行き、そのまま先生に預けるなんてこともありました。娘が小学2年生のとき、学校へ行きたくない理由について「学校は先生のために働いている気持ちになるからイヤだ」と話してくれました。しかし、「学校へ行かなかったらどうなってしまうのか」という焦りがあり、また「学校へ連れて来てくれれば、あとはなんとかします」という先生の一言を信じて、なんとか学校へ行かせようとがんばり続けていました。

 しかし、学校へ行く時間がどんどん遅くなり、行けない日も増えてくると、朝が怖くなってくるんです。目が覚めるたびに「あぁ、また朝が来ちゃった」って。1日のエネルギーの大半を娘とのやりとりで使ってしまい、自分の仕事も思うようにできない。下の子の育児もあるのに、朝からヘトヘトでイライラも募るばかり。もちろん、娘も同じように疲れ切っている。このままだと親子で共倒れしてしまうと思い、そこでやっと「学校へ行かせることをやめよう」と決心しました。それを学校に伝え、娘は小学3年生の2学期から不登校をしています。

――野間さんにとって、何が一番の不安だったのでしょうか?

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「私はずっと孤独でした」不登校の悩みを共有できる味方が見つからず苦しんだ母親に訪れた転機【全文公開】

619号 2024/2/1

「生活費の不安で押しつぶされそう」2人の息子が不登校したシングルマザーが限界の日々を抜け出せた理由【全文公開】

616号 2023/12/15

「あなたの味方だよ」かつて不登校だった私が、母親として不登校のわが子に伝えたこと

616号 2023/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

621号 2024/3/1

「この歪んだ社会では『逃げること』以外に貫ける正義はないよ」。『みんなうんち』…

620号 2024/2/15

今回は数々の高校の立ち上げに携わり、不登校の子の進学事情にもくわしい時乗洋昭さ…

619号 2024/2/1

「私が心から求めていたのは自分と同じ不登校の親だった」――。兵庫県在住の足立き…