不登校新聞

587号 2022/10/1

不登校・ひきこもり 相談先・親の会一覧

2022年09月26日 15:31 by kito-shin
2022年09月26日 15:31 by kito-shin

茨城県鉾田市、鹿行地区
ひきこもり・不登校/つながり考える鹿行の会

 ひきこもり・不登校は孤立した状況での「つまずき-見直し-自分創り」の人生の一過程だと考えます。本人の「笑顔・元気・自信・エネルギー回復」が図れるよう、親御さんと人間理解を深め、適切な「理解と対応」を模索する相談活動・対話を行ないます。◆毎月の例会のほかに個別相談、電話・メール相談もあります。◆スタッフは①ピアサポーター(元不登校・ひきこもり経験者)②精神保健福祉士③教育相談員の3人です。お待ちしています。(小林)

連絡先:080-3277-2002/yukki.hati@gmail.com
定例会の場所:鉾田市中央公民館(茨城県鉾田市鉾田1444-1)
定例会の日時:毎月第3日曜日13:30~16:00/参加費:200円(当事者・経験者は無料)

福岡県筑後地域
ひまわりの会 八女・筑後

 私たちは不登校経験者や当事者、保護者や支援者の集まりです。 残念ながら「不登校」は、本人の怠けなどの問題行動のように扱われることはまだあります。ひとりで抱えて、苦しんでいる方も多いです。今は社会に出るまで、いろいろなルートがあります。不登校経験を経て、元気に学んで、働いている方もたくさんいます。日時や開催場所は、状況によって変更する場合もございます。事前にかならず当会のオフィシャルサイトをご確認ください。(水田)

https://himawarinokaiyamechikugo.jimdofree.com/
連絡先:himawari.yamechikugo@gmail.com
定例会の場所:ちくご地域ユースサポート(福岡県筑後市新溝613)
定例会の日時:毎月第2金曜日19時~21時ごろまで/参加費:無料

千葉県山武郡横芝光町
ありのまま親の会

 ありのまま親の会にはスタッフとして、子どもが不登校を経験した親、元不登校だった経験者、ホームスクールを実践しているホームスクーラーの親がいます。ご希望があれば不登校の子の親でもある心理カウンセラーがあなたの不安を深堀りします。(内田)

https://npo-arinomama.com/
連絡先:TEL 080-9208-6789/info@npo-arinomama.com
定例会の場所:千葉県山武郡横芝光町栗山702-2
定例会の日時:原則第3金曜日10時~12時に開催
(ただし、2022年5~7月はスタッフ都合により、第3金曜日前日の木曜日10時~12時)
※7月はオンライン開催を予定。
参加費:500円

大阪府枚方市
あたらしい学校をつくる会@枚方・交野・寝屋川

 不登校、ホームスクーリング、学校がしんどいなど、学校以外の学びやつながりの場を求める保護者で、子どもが主体的に遊び、学ぶ学校、新しいタイプの学校、オルタナティブスクールを枚方、交野、寝屋川地域につくろうと結成しました。このお話会で新しい学校をいっしょにつくる仲間、協力してくれる人、学校へ行きたい人とつながっていけたらと思っています。ご興味ある方はぜひお越しください。(児島)

連絡先:TEL 080-1410-2549/ayakoji221@gmail.com
Facebookページ:あたらしい学校をつくる会枚方・交野・寝屋川
Instagramアカウント:newschool_hirakata
定例会の場所:枚方市南部生涯学習センター
定例会の日時:月1回(6月は5日(日)10時~12時)/参加費:500円

北海道函館市とその近郊市町
ひきこもりを体験した当事者のつどい「樹陽のたより」

 道南ひきこもり家族交流会「あさがお」の例会に、ひきこもりを体験した当事者の方々も参加するようになり、10年ほど前から当事者のみなさんが自主的に集まるようになり、「樹陽のたより」と名づけて「おしゃべり会」を開催して今日に至っています。毎回5~10名ほどの方が参加し、生活状況やさまざまな困りごと、これからの生活のことなどについて語り合っています。(野村)

連絡先:TEL 090-6261-6984/tnomura@sea.ncv.ne.jp
定例会の場所:函館市総合福祉センターあいよる21(北海道函館市若松町33-6)
定例会の日時:毎月第2土曜日11時~13時/参加費:無料

神奈川県藤沢市
しゃべるの会(不登校編・ひきこもり編)

 民間非営利相談機関「ヒューマン・スタジオ」が開催している、テキストと担当者付きの家族会。代表兼相談員でテキストの筆者である担当者を囲んで、テキストの内容にとらわれずに語り合ったり担当者に質問したりすることを通じ、肩の荷を下ろしながら深い理解へと進んでいただける会です。同じ立場のご家族どうしが「しゃべる」ことで、心理と対応のあり方について「心のシャベル」で大切なものを掘り当ててみませんか。(丸山)

http://husta.is-mine.net/heartpro.html
連絡先:TEL 046-650-2345/husta.maru@gmail.com
定例会の場所:逗子文化プラザ・市民交流センター(神奈川県逗子市逗子4-2-11)など
定例会の日時:1・4・7・10月の土曜日/参加費:700円

関連記事

12月9日開催オンラインイベント「子どもへの『正しい』叱り方と甘えさせ方」のお知らせ

591号 2022/12/1

不登校・ひきこもりイベント情報「不登校・ひきこもりの人達と関わる24時間365日空いてる居場所」開催へ

591号 2022/12/1

不登校経験者が集まる「子ども若者編集会議」のお知らせ

591号 2022/12/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

591号 2022/12/1

勉強ができ、中学では生徒会長も務めた中村勇樹さん(仮名・22歳)。しかし高校入…

590号 2022/11/15

小学5年生のときに不登校した山下優子さん(仮名)は、その後、「ふつうになりたい…

589号 2022/11/1

小・中学校で不登校、高校では中退を経験しながらも、25歳の若さで市議会議員に当…