不登校新聞

588号 2022/10/15

不登校を経験したパティシエが語る 好きなことを仕事につなげるまで

2022年10月11日 13:23 by kito-shin
2022年10月11日 13:23 by kito-shin

 小学生のころ不登校になった黒田千遥さん。不登校のときに始めたお菓子づくりが、パティシエを目指すきっかけになったそうです。不登校から現在に至るまでの経緯、パティシエになるために家でできることについて、執筆していただきました。(撮影/矢部朱希子)※写真は黒田千遥さん

* * *

 黒田千遥です。「自由なパティシエ」という肩書で、お菓子づくりをしています。2018年に、店舗を持たず百貨店の催事やネット販売をする「焼菓子屋カトルカール」を開業。東京都国立市内での委託販売などで人気店になりました。また、21年9月に国立市社会福祉協議会の運営するカフェ「喫茶わかば」の店長に就任。現在は焼菓子屋カトルカールを続けながら、しょうがいなど、さまざまな働きづらさを抱えた方とともにお菓子をつくっています。

 私がお菓子づくりに興味を持ったのは、小学校低学年のときです。入学当時から集団行動になじめず、学校を休みがちになっていた私は、家にあったレシピ本と道具をきっかけにお菓子づくりを始めました。

 小5の秋から完全に不登校となり、フリースクールへ通い始めるのですが、学校とちがってカリキュラムが決まっていないので、好きなことに没頭しても叱られることはありません。そのおかげでお菓子づくりにのめり込むことができ、また、つくったお菓子を、みんなにほめてもらえたことで自信がつきました。こうした経験から、パティシエを目指すようになりました。

好きなことなら楽しく学べる

 中学・高校もあまり好きになれず、勉強も苦手だったので休みがちでしたが、製菓専門学校へ行くことが目標にあったので、がんばれたのだと思います。その後、希望していた専門学校に合格。大好きなことだけ勉強できる、今までで一番楽しい学校生活でした。

 しかし、就職活動で挫折を味わいます。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「死のうとしたけど生きたかった」いじめにより不登校した女性が語る「生きることの意味」

626号 2024/5/15

「不登校から文科省職員に」異色の経歴を持つ藤井健人さんが目指すのは「不登校という格差」の是正

626号 2024/5/15

「親子関係は?元気になったきっかけは?」3人の経験者が語る私の不登校とその後

625号 2024/5/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

626号 2024/5/15

旅人「キノ」がさまざまな国を巡る『キノの旅 the Beautiful Wor…

625号 2024/5/1

「つらいときは1日ずつ生きればいい」。実業家としてマネジメントやコンサルタント…

624号 2024/4/15

タレント・インフルエンサーとしてメディアやSNSを通して、多くの若者たちの悩み…