不登校新聞

588号 2022/10/15

「強く育てないと」「楽になりたい」不登校の娘と母に起きたすれちがい

2022年10月11日 15:56 by kito-shin
2022年10月11日 15:56 by kito-shin

 不登校という同じ状況においても、娘と母で見えることはちがってきます。今回は、2022年5月27日(金)に開催された『「不登校について知る」~不登校経験親子からのメッセージ~』の講演抄録を掲載(主催・NPO法人キーデザイン)。講演には不登校を経験した娘とその母が登壇。親子ゆえのすれちがいやおたがいの思いが語られました。(編集・遠藤ゆか/渡邉身衣子)※写真は右から母の野澤かなえさん、娘の野澤こなつさん

* * *

土橋優平(以下、土橋)
 司会を務めさせていただきますNPO法人キーデザイン代表の土橋優平です。登壇者のお2人に自己紹介をお願いできればと思います。

野澤こなつ(以下、こなつ)
 野澤こなつと申します。19歳です。小学生で不登校になり、今はフリースクールのスタッフとして働いています。

野澤かなえ(以下、かなえ)
 母の野澤かなえと申します。長女のこなつ・中3の次女・中1の長男と3人の子どもがおり、全員不登校を経験しました。

土橋 さっそくですが、不登校当時のことについて教えてください。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【全文公開】部屋にこもり親を遠ざける息子 固く閉ざされた心を溶かした父の対応

591号 2022/12/1

「このままでは親子で共倒れだ」小1で不登校した娘との闘いの日々

587号 2022/10/1

子ども2人が不登校 宿題を無理強いさせたこと、後悔しています

587号 2022/10/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

591号 2022/12/1

勉強ができ、中学では生徒会長も務めた中村勇樹さん(仮名・22歳)。しかし高校入…

590号 2022/11/15

小学5年生のときに不登校した山下優子さん(仮名)は、その後、「ふつうになりたい…

589号 2022/11/1

小・中学校で不登校、高校では中退を経験しながらも、25歳の若さで市議会議員に当…