不登校新聞

589号 2022/11/1

【新連載】親だってラクになってほしい 私たちが味方です

2022年10月31日 11:23 by kito-shin
2022年10月31日 11:23 by kito-shin

 新連載「出張版 お母さんのほけんしつ」を掲載します。子どもが不登校になると、親だってつらいもの。しかし、ひとりで抱えこまなくても大丈夫です。私たちが味方です。そんな思いをこめて書いていきます。お子さんのこと、これからいっしょに考えていきましょう(連載「出張版 お母さんのほけんしつ」第1回/企画・茂手木涼岳)※写真は土橋優平さん

* * *

 はじめまして。NPO法人キーデザイン代表の土橋優平と申します。栃木県に拠点を置き、フリースクールやホームスクール(家庭教師)、全国の保護者を対象とした無料LINE相談窓口「お母さんのほけんしつ」などの活動をしています。

 7年前、私が大学生だったころ、よく身近な友人・知人から相談を受けることがありました。「大学へ行きたくない。じつは過去にいじめを受けたことがあって、それから人が怖くなった」「家族と不仲で、誰も信用できずにこれまで生きてきた」。

 彼らに「死にたい」とまで思わせるその背景には何があるのだろう。大切な人がこんなにも苦しんでいるのはいやだ。なんとかしたい。そんな思いから「生きづらさを解消し、安心して自分でいられるつながりをつくれる社会にしたい」と活動するようになりました。

 その後、不登校支援を始めることになり、多くの子どもたちや親御さんと出会い、じっくり話をしていくなかで、気づいたことがありました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

学校の話題は絶対NG 不登校のわが子を支える2つのポイント

591号 2022/12/1

「なぜ学校へ行きたくないの?」子どもが答えてくれない理由

590号 2022/11/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

591号 2022/12/1

勉強ができ、中学では生徒会長も務めた中村勇樹さん(仮名・22歳)。しかし高校入…

590号 2022/11/15

小学5年生のときに不登校した山下優子さん(仮名)は、その後、「ふつうになりたい…

588号 2022/10/15

不登校という同じ状況においても、娘と母で見えることはちがってきます。親子ゆえの…