不登校新聞

589号 2022/11/1

やっと見つけた、ひきこもりの息子にしかできないこと

2022年10月31日 11:25 by kito-shin
2022年10月31日 11:25 by kito-shin

 不登校・ひきこもりの息子を持つ後藤誠子さん。親子ともに、これまで数えきれないほどの苦しさと戦ってきました。しかし初めて、息子のことを心から誇りに思えるような日が訪れたのです。(連載「不登校は幸せへの道」第28回)※写真は後藤誠子さん

* * *

 私が始めた、何もしなくてもよい居場所「ワラタネスクエア」に、行政の予算がついた。場所も広くなり、たくさんの人に来てもらえる。うれしいことだが、人員も必要になる。誰でもいいわけではない。訪れる人たちを「あなたのままで大丈夫」という思いで迎えられる人でなければ。

 「ワラタネスクエアでいっしょに働いてくれる人なんているかなぁ」。つぶやいた私の言葉に次男が反応した。「俺、やろうか?」。おどろいて、すぐには返事ができなかった。すこしずつ私の活動を手伝ってくれるようになっていた次男だが、働くと言い出すとはまったく予想していなかった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校・ひきこもりを経て28歳になった息子 母を驚かせたある行動

591号 2022/12/1

「身内だからこそ許せない」 最悪の兄弟関係に終止符を打った兄の一言

590号 2022/11/15

「ひきこもったままでもいい。息子の人生は息子に任せる」と決めた私に訪れた出来事

588号 2022/10/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

591号 2022/12/1

勉強ができ、中学では生徒会長も務めた中村勇樹さん(仮名・22歳)。しかし高校入…

590号 2022/11/15

小学5年生のときに不登校した山下優子さん(仮名)は、その後、「ふつうになりたい…

588号 2022/10/15

不登校という同じ状況においても、娘と母で見えることはちがってきます。親子ゆえの…