不登校新聞

589号 2022/11/1

「死にたい」と子どもに言われたとき 親がしてはいけないこと

2022年10月31日 11:38 by kito-shin
2022年10月31日 11:38 by kito-shin

 死にたい――。わが子からそんな言葉を聞いたとき、親であれば誰しもとまどい、ショックを受けます。ただ黙って話を聞くだけでよいのか。それとも、優しい言葉で励ましたり、命の大切さを説いたほうがいいのか。「正解」の見えない問いに悩む親御さんはすくなくありません。では、親はどのように対応すればよいのか。不登校経験者に行なったアンケートから「死にたい」という言葉の裏側にある本音を考えるとともに、専門家が指摘する親の対応に必要な3つの原則について紹介します。

* * *

自分で自分を責めた結果…

 本紙では以前、不登校経験者19名を対象にアンケートを実施しました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【全文公開】手洗いや長時間の入浴 強迫神経症に悩む子どもに親ができること

588号 2022/10/15

【全文公開】朝起きられなくて学校へ行けない 起立性調節障害から考える不登校

587号 2022/10/1

不登校の子はなぜゲームに熱中するのか 16年の取材から見えた親の心構え

586号 2022/9/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

591号 2022/12/1

勉強ができ、中学では生徒会長も務めた中村勇樹さん(仮名・22歳)。しかし高校入…

590号 2022/11/15

小学5年生のときに不登校した山下優子さん(仮名)は、その後、「ふつうになりたい…

588号 2022/10/15

不登校という同じ状況においても、娘と母で見えることはちがってきます。親子ゆえの…