不登校新聞

589号 2022/11/1

「死にたい」と子どもに言われたとき 親がしてはいけないこと

2022年10月31日 11:38 by kito-shin
2022年10月31日 11:38 by kito-shin

 死にたい――。わが子からそんな言葉を聞いたとき、親であれば誰しもとまどい、ショックを受けます。ただ黙って話を聞くだけでよいのか。それとも、優しい言葉で励ましたり、命の大切さを説いたほうがいいのか。「正解」の見えない問いに悩む親御さんはすくなくありません。では、親はどのように対応すればよいのか。不登校経験者に行なったアンケートから「死にたい」という言葉の裏側にある本音を考えるとともに、専門家が指摘する親の対応に必要な3つの原則について紹介します。

* * *

自分で自分を責めた結果…

 本紙では以前、不登校経験者19名を対象にアンケートを実施しました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「辞め方を知っておけば怖くない」アルバイトを始める前に知っておきたい5つのコツ

621号 2024/3/1

「不登校ビジネスにご用心」親の不安に付け込む「不登校ビジネス」に巻き込まれないための心得

620号 2024/2/15

小6と中3の子どもを持つ親へ 不登校と卒業式で親がもっとも大事にすべきこと【全文公開】

618号 2024/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

621号 2024/3/1

「この歪んだ社会では『逃げること』以外に貫ける正義はないよ」。『みんなうんち』…

620号 2024/2/15

今回は数々の高校の立ち上げに携わり、不登校の子の進学事情にもくわしい時乗洋昭さ…

619号 2024/2/1

「私が心から求めていたのは自分と同じ不登校の親だった」――。兵庫県在住の足立き…