不登校新聞

590号 2022/11/15

不登校・ひきこもりイベント情報「不登校と学びを考えるシンポジウム」開催へ

2022年11月09日 15:37 by kito-shin
2022年11月09日 15:37 by kito-shin

 12月4日(日)、愛知県名古屋市の椙山女学園大学にて「不登校と学びを考えるシンポジウム」が開催される。主催団体は、不登校・居場所・学びの場などの情報提供および情報交換を目的に活動している「不登校・学びネットワーク東海」。今回のシンポジウムは、パネルトークと分散会の2部で構成されている。

前半のパネルトークでは、フリースクール「アーレの樹」理事の岡崎勝さんや私塾・フリースクール「まなび場」代表の幸伊知郎さんなど、日々子どもたちと関わりを持つ4人のパネリストが登壇。子どもとの関わり方や不登校・学びの捉え方などについて、それぞれの立場から思いが語られる。

 シンポジウムの後半には、パネリストを交えての分散会も企画されている。参加者は、分散会に参加することで不登校や学びについて、ほかの参加者やパネリストと意見交換することができる。

 パネリストの1人である幸さんは「多様な立場のパネリストが集う今回のシンポジウムを通して、すこしでも不登校や子どもの向き合い方について知っていただければ。参加者の方にとって、気づきの機会になることを願っています」と語る。詳細は下記を参照のうえ、お問い合わせを。

日 時 12月4日(日)13:45~16:30
会 場 椙山女学園大学星が丘キャンパス現代マネジメント学部棟2階 (愛知県名古屋市)
参加費 1000円
定 員 40名
登壇者 岡崎勝さん(「アーレの樹」理事)など
主 催 不登校・学びネットワーク東海
サイト https://toukai2022.peatix.com/

関連記事

12月9日開催オンラインイベント「子どもへの『正しい』叱り方と甘えさせ方」のお知らせ

591号 2022/12/1

不登校・ひきこもりイベント情報「不登校・ひきこもりの人達と関わる24時間365日空いてる居場所」開催へ

591号 2022/12/1

不登校経験者が集まる「子ども若者編集会議」のお知らせ

591号 2022/12/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

591号 2022/12/1

勉強ができ、中学では生徒会長も務めた中村勇樹さん(仮名・22歳)。しかし高校入…

589号 2022/11/1

小・中学校で不登校、高校では中退を経験しながらも、25歳の若さで市議会議員に当…

588号 2022/10/15

不登校という同じ状況においても、娘と母で見えることはちがってきます。親子ゆえの…