不登校新聞

289号(2010.5.1)

「希望と花の学校」パレスティナの自由教育は

2013年11月19日 15:10 by nakajima_


 2010年の世界フリースクール大会(IDEC)はイスラエルで開催された。そこで、パレスティナにてフリースクールを開いている「希望と花の学校」を訪問したシューレ大学の朝倉景樹さんに執筆していただいた。

 今年イスラエルで行なわれた「世界フリースクール大会(IDEC)」に際して、「プレIDEC」を開催したいと「希望と花の学校」が呼びかけたのがきっかけで4月3日から6日までパレスティナ自治区に行った。訪れたのはヨルダン川西岸地区の南部ベツレヘム周辺だ。キリスト生誕の地として知られるが、住民のほとんどがイスラム教徒の町だ。

 「希望と花の学校」は1984年、難民キャンプで育ったフセイン・イッサ氏がベツレヘムの郊外の村に設立したオルタナティブスクールである。現在はイッサ氏の娘さんであるガーダさんを中心に活動している。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「ゲーム規制条例」の廃止を求めた声明を県議会が全面否定

532号 2020/6/15

「コロナが不安」校長判断で欠席扱いせず

532号 2020/6/15

現役ひきこもり940名に調査、浮かび上がる生きづらさ

528号 2020/4/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...

532号 2020/6/15

東京大学の大学院在籍中から6年半ひきこもった石井英資さんへのインタビューで...

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...