2010年の世界フリースクール大会(IDEC)はイスラエルで開催された。そこで、パレスティナにてフリースクールを開いている「希望と花の学校」を訪問したシューレ大学の朝倉景樹さんに執筆していただいた。

 今年イスラエルで行なわれた「世界フリースクール大会(IDEC)」に際して、「プレIDEC」を開催したいと「希望と花の学校」が呼びかけたのがきっかけで4月3日から6日までパレスティナ自治区に行った。訪れたのはヨルダン川西岸地区の南部ベツレヘム周辺だ。キリスト生誕の地として知られるが、住民のほとんどがイスラム教徒の町だ。

 「希望と花の学校」は1984年、難民キャンプで育ったフセイン・イッサ氏がベツレヘムの郊外の村に設立したオルタナティブスクールである。現在はイッサ氏の娘さんであるガーダさんを中心に活動している。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。