不登校新聞

591号 2022/12/1

中学は生徒会長、高校は不登校 苦しさの根底にあった父親の呪縛

2022年11月28日 16:31 by kito-shin
2022年11月28日 16:31 by kito-shin

 勉強ができ、中学では生徒会長もつとめた中村勇樹さん(仮名・22歳)。しかし高校入学後、不登校になりました。勉強も部活も「ちゃんとやる」がモットーだった中村さんは「できない自分」に絶望します。そして苦しみの果てに中村さんが見出したのは、自分を苦しめているものの正体でした。それは、両親との関係性だったのです(※画像はイメージです)。

* * *

――まずは、小・中学生のときのことを教えてください。

 僕は、もともと勉強ができるタイプの子どもで、小・中ともに学校では、わりとよい成績を取っていました。中学では生徒会長をやらせてもらったり、卒業生代表として答辞をやらせてもらったり、いわゆる優等生タイプの生徒だったかなと。

 部活で同級生にいじめられたりした時期もあったので、何もトラブルがなかったわけではないのですが、不思議と小・中学校のころは「学校へ行きたくない」と思ったことはありませんでした。ただ、対照的に家での苦しみは小さいころからあったなと思うんです。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「あいつと関わるな」 僕の一言で友だちの態度が一変 中2で不登校した帰国子女の体験談

595号 2023/2/1

「この人に会えたら変われる気がした」7年ひきこもりした男性が憧れの人に出会うまで

595号 2023/2/1

優等生の僕に起きた異変 突然の体の不調は「もう限界」のサイン

594号 2023/1/15

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

595号 2023/2/1

「寄り添う」とは、いっしょに考えること。「スカートをはいた大学教授」としてSN…

594号 2023/1/15

進学について、不登校のわが子と話すのが難しいと感じている親御さんもいらっしゃる…

593号 2023/1/1

在籍者の8割が不登校経験者という立花高等学校で校長を務める齋藤眞人さん。不登校…