不登校新聞

591号 2022/12/1

学校の話題は絶対NG 不登校のわが子を支える2つのポイント

2022年11月28日 16:32 by kito-shin
2022年11月28日 16:32 by kito-shin

 「不登校の子どもにどう接していいかわからない」「何を話題にすればいいのか」。親御さんからよく聞かれる悩みです。不登校支援に携わる土橋優平さんは、2つのポイントがあると言います。(連載「出張版 お母さんのほけんしつ」第3回)※写真は土橋優平さん

* * *

 「子どもが学校へ行かなくなってから、どう接してよいかわからないんです」。そんなご相談をいただくことが多くあります。不登校になってから子どもの笑顔が減ったり、話しかけてもリアクションがなかったりすると、親としてはどうしていいか、悩みますよね。

 ポイントは2つです。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「勉強を全然しません」不登校の親の悩みにフリースクール代表が語る学びの本質【全文公開】

595号 2023/2/1

子どもが昼夜逆転する理由 背景にある子どもの本音

594号 2023/1/15

学校へ行かない子のゲームの制限をどこまですべきか 専門家が解説

593号 2023/1/1

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

595号 2023/2/1

「寄り添う」とは、いっしょに考えること。「スカートをはいた大学教授」としてSN…

594号 2023/1/15

進学について、不登校のわが子と話すのが難しいと感じている親御さんもいらっしゃる…

593号 2023/1/1

在籍者の8割が不登校経験者という立花高等学校で校長を務める齋藤眞人さん。不登校…